マグネシウムでエコな洗濯。マグちゃんを使ってみた

真夏以外はほぼ洗濯物は室内干し。乾燥機付きの洗濯機を持っているけれど、家族全員の洗濯物を乾かすというのは難しい。ということで、マグちゃん、買ってみました。

スポンサーリンク

洗濯マグちゃんとは

洗濯マグちゃんはペレット状のマグネシウムの洗濯グッズ。洗剤いらずで洗えるとか、部屋干しの臭いがなくなるとか。数年前からSNS上では見かけていたのですが、エコな洗剤を普通に使っているので気にしていなかった。テレビのワイドショーなどでも紹介されているそうな。


高純度のマグネシウム99.9%を使って水素とアルカリイオン水を生成し部屋干しの嫌な臭いの原因となるカビや汚れをキレイに落とす今までにないマグネシウムで洗う新発想の洗濯用品

公式マグちゃんオンラインショップより
https://magchan.com/products/detail.php?product_id=6

正直なところ、アルカリイオン水とか水素水とかマイナスイオンとかのことを理解していないので、これは怪しい系なんじゃ・・・と疑うタイプです。だけど、何らかの方法で水を浄化するというのは今までのエコ暮らし探検の中でいくつも目にしてきたので、まぁ、あるんだろう。批判的なサイトや検証サイトも含めいろんなサイトも見てみました。
最近健康維持のためにマグネシウムの摂取についてわりと積極的で、岩塩のライトを炊いてみたり、塩水を飲んだりもしています。エプソムソルト(硫酸マグネシウム)もうちにある。マグネシウムオイルまではないけど・・・・
そんな「マグネシウム推し」なこともあって、ものは試しに買ってみようかと。

マグちゃんの種類

洗濯マグちゃんにはいくつか種類がある。6-8キロの洗濯をする場合

洗濯マグちゃん 内容量50g 洗剤と併用がおすすめ
ベビーマグちゃん 内容量70g 洗剤なしで可
ランドリーマグちゃん 内容量100g 洗剤なしで可

洗濯量や洗剤との併用の有無により、どの商品をセレクトするか、そして使用個数を決める感じ。比較してみると、結構お値段も違うのよ。約1年使えるとはいえ、悩むね。

5人家族の我が家は、ベビーマグちゃん2個を使用することにしました。

ベビーマグちゃん洗剤ありかなしか。

普段は、香料の入っていないエコ系色物洗い用洗剤のみを利用している我が家。
まずは洗剤なし、ベビーマグちゃん2個で洗濯してみました。すっきりした洗いあがりで、柔らかい感じ。臭いも取れている様子。

洗濯を通常の1/4ほど入れて、ベビーマグちゃん2個で洗濯してみると、ほんのり洗剤の香りがして、なじみ深い感じ。

マグちゃんのみのほうが、すっきりとした仕上がりですが、水の臭い(住んでいるところの水は綺麗なのですが、でも水の臭いってあるよね)を感じるかな。

我が家は洗剤と併用することにしました。

洗濯が重なっていて乾きが悪かった場所も、悪臭になりません(ちょっとだけ臭いは出る。でも全然違う)

思ってもみなかった効果は、洗濯物が柔らかくなるということ。こちらの水と空気の乾燥で、形状記憶にしたみたいにバリバリになってしまうのだけど、柔らかいまま。エプソムソルトを柔軟剤替わりに使うような、そんな効果なのかなぁ。
クエン酸を柔軟剤代わりに使うよりも、柔らかくなりました。

洗剤の種類や柔軟剤使用による違い

オランダでは、白物洗い、黒物洗い、色物洗い、という種類があります。柔軟剤もある。オランダでマグちゃんを利用している友人は、黒物洗い用洗剤ではあまりマグちゃんの効果を感じられなかったとのこと。土地の水の質、洗剤の種類でも効果の違いはありそうです。

まとめ

海外暮らしでも、マグちゃん効果は享受できました◎お住まいの地域や使う洗剤により効果の違いはあるのだと思いますが、うまくフィットする方法を探っていけるのではないかなぁと思います。

洗剤の量が減り、排水管がきれいになり、排水も綺麗になる=海や川がきれいになる。そんな効果が得られるなら、良いのではないのかなぁと思います。マグネシウムがオロイド型だったりしたら、もっと面白そうだなぁ・・・・と妄想。
使用していく中で追記があればこのページにいれていきます。
みんな試してみてみてー。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

海外からオーガニックの手作りアロマコスメを日本向け発送!アロマセラピーを学ぶオンライン講座も

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク