精油解説アーカイブ

メールマガジンで発信している、精油解説のアーカイブです。

メールマガジンの登録はこちらから。月に2度ほど、配信しています。

メールアドレス

甘夏
【和名】甘夏
【学名】Citrus natsudaidai
【抽出部位】果皮
【抽出方法】水蒸気蒸留法(精油メーカーにより異なります)
【成分】リモネン、ガンマテルピネン、ベータミルセン、アルファピネン

私の持っている甘夏オイルは、福岡県糸島のわかまつ農園さんのものです。
もう開封からだいぶ時間がたっていますが・・・
甘夏は、80%近くがリモネンという成分で占められています。血流の促進作用、精神を落ち着ける鎮静作用、脂肪溶解作用、殺菌作用、抗酸化作用、
界面活性作用(よく洗剤に柑橘オイルが使われますね)、抗真菌作用(カビに対する作用。カンジタや水虫などにも)、心と体の加温作用、
育毛作用などがあります。

甘さとすっきりした香りのバランスが良く、ダイエット用のマッサージオイル、ヘアスプレー、リップクリーム、ハンドクリーム、風邪予防や空間浄化のルームスプレー、お掃除アイテム、石鹸など、たくさんの用途があります。

※ベルガモットやグレープフルーツをはじめとするかんきつ系オイルは、光毒性(光感作作用)があり、フロクマリン類(特にベルガプテンという成分)の含有が多いものは、アレルギー様の反応、シミ、赤みが出る可能性があります。
ベルガプテンフリーのものや、水蒸気蒸留法のものの場合、光感作作用は起こりにくいのですが、少量でも重度の反応を起こしてしまう方がいらっしゃったり、
メーカーや抽出方法までチェックしてから精油をご家庭で使用なさるケースは少ないと思うので、講座内では「柑橘系はお日様に当たるときは使わないで」とお伝えしています。

参考サイト:
わかまつ農園さん/ウェブショップ
https://noukaseries.thebase.in
日本アロマ環境協会/柑橘精油に含まれるベルガプテン量の比較https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol22.php

イランイラン
【和名】イランイランノキ
【学名】Cananga odorata
【抽出部位】花
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【成分】安息香酸ベンジル、ゲルマクレンD など

イランイランは長い時間をかけて蒸留機にかけるため、メーカーによりその抽出段階に応じたグレードが設定されています。
グレードにより成分や香りにもかなり違いが出るのが特長です。

鎮静作用がある一方、性的な興奮を高める効果があるとされ、フィリピンや、インドネシアの王室などではかつて新婚初夜のベッドに花を散りばめたとか。ホルモン様の作用があり、女性特有の生理前や更年期の不調、そしてバストマッサージにぴったり(妊娠中の使用はおすすめしません。授乳期が終わってからバストアップマッサージを!)

神経を鎮静する効果があるので、夜神経が立って寝られないようなとき、動悸、血圧の上昇、過呼吸など亢進状態を鎮静させることができるため、パニック障害や子どものADHD、更年期の不調などにも利用されることがあります。
不安定になりがちな季節やお出かけ時には、ポーチにそっとイランイラン入りのアロマケアグッズを忍ばせておくのがおすすめ。

スキンケアでは「皮脂バランスを整える」効果があるので、脂性肌や混合肌の方にもおすすめ。皮脂バランスを整えるということは、頭皮のべたつきなどが気になるときにも◎さらに、発毛は女性ホルモンが大きく関係しているので、頭皮マッサージ用のヘアチンキやヘアオイルなどにもおすすめです。

香りが強く、皮膚への刺激も強いので、少量から使用します。妊娠中、授乳中の使用はおすすめできません。

※妊娠中禁忌のオイルは、流早産を起こす可能性がある作用を持っているもの、胎児に神経系の作用を及ぼす可能性がある作用を持っている精油などが、メーカーにより表示されています。一般的な使い方(キャリアオイルで希釈してマッサージをする、コスメなどに数滴入れる、部屋にディフューズするなど)をする程度では、母体、胎児ともに影響を及ぼすことはないとアロマ関連協会が正式にコメントを出しています。「不快ではないか」というご自分の感覚も大事にしながら、低濃度で様子を見て使用すること、また連続使用はしないように注意して、精油の香りを楽しみましょう。

ウィンターグリーン
【和名】ヒメコウジ
【学名】Gaultheria procumbens
【抽出部位】葉
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【成分】 サリチル酸メチル

アロマ講座で「湿布の臭いだー」と話題になるのがこちらの精油。精油に含まれる成分であるサリチル酸メチルが90%以上で構成されています。

ツツジの仲間なので、つやのある硬めの葉で、赤い実がなるのが特長。主な産地が中国で、中国語圏では「冬青油」と表記されます。白百合油や紫花油など、「ご当地何でも効く系オイル」によく使われています。頭の痛い時にはこめかみに塗ってー、おなかの痛い時はおなかに塗ってー、肩こりにもいいよーみたいな、そんなタイプのオイルですね。

ちなみに、ドイツが誇るブランド、クナイプでもウィンターグリーンのバスソルトがありますよ。パッケージの絵で探してみてください。
抗炎症作用が強く、鎮痛、鎮痙、うっ滞除去の作用があります。そのため、肩こり腰痛、神経痛、リウマチなどによく使われます。肩こりからくる頭痛や、片頭痛(うっ滞除去作用だけでなく収れん作用もあるので、膨張しすぎていたり緩み過ぎた場合に起こるものにも!)の両方に効果を発揮することができます。ガスっぽいおなかに良かったり、痰を切る効果があったりもします。

刺激が強めのオイル。妊娠中や授乳中の使用は避け、子どもへの使用も控えましょう。患部に塗布する場合は、スイートアーモンドやホホバなどのオイルとあわせ、必ず希釈してから使いましょう。

オレガノ
【和名】花薄荷
【学名】Origanum vulgare
【抽出部位】葉及び花
【抽出方法】水蒸気蒸留法
【成分】 カルバクロール、チモール

トマトといえばオレガノ!ピザといえばオレガノ!というくらい、我が家ではイタリアン系お料理に良く使うハーブです。ちょっと風邪気味のときは、オレガノ、タイム、トマトたっぷりのスープを作って食べることが多いです。
カプレーゼ(トマトとモッツァレラチーズのサラダ)に、バジルではなくオレガノも結構やります。

精油は肌刺激が強めなので、日常的に使用することはありませんが、強い抗ウィルス作用や殺菌作用があるため、インフルエンザ、ノロウィルスなどが流行し始めた時は出番です!お部屋にディフューザーでディフューズしたり、スプレーに
して、帰宅したらふりかけたり。お出かけ先での手の消毒やおもちゃの消毒などにもおすすめです。

抗真菌作用もあり、カビ予防や白癬菌(水虫)ケアにもおすすめ。水虫の場合は、スターチ(くず粉や片栗粉、コーンスターチ)に数滴入れてパウダーにしたり、スプレーを吹きかけたり。スリッパや靴にも良いですね。

お料理によく使われる精油は、消化器系トラブルにも良く使われます。消化促進をしたり、胃の刺激をしたり、代謝を良くしたりする作用もあります。お車の中に常備して、酔い止めのように使うこともできます。

気持ちを持ち上げて元気をくれる作用も持っていますので、鬱々しい気分になりがちな季節や、看病でおうちに篭っている時などには、ぜひオレガノを取り入れてみてくださいね^^

刺激が強めのオイル。妊娠中や授乳中の使用は避け、子どもへの使用も控えましょう。

オレンジ(スイートオレンジ)

【和名】アマダイダイ
【学名】Citrus sinensis
【抽出部位】果皮
【抽出方法】圧搾法(一部水蒸気蒸留法)
【成分】 リモネン

はじめてアロマに触れる方でも、オレンジの香りは「いい香り!」と感じやすい、まさに万人受けする人気精油。

ココロをほっこりさせ、あたたかく包み込んでくれるオレンジの香りは、母性を象徴する香りと言われています。緊張を緩め、不安を取り除き、ほわほわのブランケットで包まれるような優しさを持っています。

心だけでなく、物理的に体を温め、循環を良くし、血流を良くする効果を持つ精油です。オレンジにジンジャーやシナモンなどのスパイスを足した香りは、グリューワインでもおなじみ。寒くなったクリスマス前の時期の身体が求める香り。

オレンジにクローブを刺してシナモンパウダーをまぶしたアロマポマンダーは、冬にぜひ楽しんでほしいクラフトのひとつ作り方はこちら https://hitomiarai.info/2017/12/18/pomander/

循環を良くするので、消化を促進し、吐き気をとったり、便秘を改善したりしてくれます。太陽神経叢(第3チャクラというみぞおちの部位)をゆるめるので、おなかのマッサージオイルに最適ですね。

マッサージオイルを作成する場合は、テーブルスプーンに植物性オイルを入れ精油を2-3滴滴下して使います。ルームスプレーや、寝る前のピロースプレーもおすすめ。

柑橘系精油の中でも、スイートオレンジ、マンダリン、タンジェリンは柑橘系でも光毒性のない(少ない)精油と言われています。「フロクマリンが微量含まれるが、濃度が薄いため問題ない」というデータに基づいたものです。オレンジでもビターオレンジには光毒性がありますので、学名がスイートオレンジであるときちんと確認できる必要があります。

含有成分はメーカーや生産地、蒸留方法によっても異なります。日中お肌に使うものを製作したい場合、また、疲れていたり敏感肌の場合などは、低濃度でもお肌が反応してしまう、ということもあります。そのため講座内では、かんきつ系の精油の使用には注意をしてね!とお伝えしています。
ちなみに、オレンジジュースにはソラレンという紫外線吸収を促進する、光毒性のある成分が含まれるので、朝にオレンジジュースは飲むこともおすすめしていないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加