5歳、7歳、15歳が見る日本。家族にインタビューしてみました

記録として。こう並べてみると面白いな。

スポンサーリンク

5歳児 日本滞在の感想

Q1 日本滞在で楽しかったことは?

プールに行ったこと
じぃじと遊んだこと
秋山温泉が面白かった(温泉プールがある)
テレビを観たのが面白かった(特にかまきり先生)

市営プールの英語がすべてこんな感じで大爆笑の渦。


Q2 日本滞在でやりたかったけどできなかったことは?

公園行きたかった(暑すぎていけなかった)


Q3 次に日本に行ったらやりたいことは?

動物園に行きたい


Q4 日本から持って帰ってきたもので宝物は?

射的のおもちゃ(スライムや紐を引っ張ると飛ぶヘリコプターなど)
ノアールくん(ノホホンむらのねこたち の絵本。)

お祭りも大興奮の末終了。はじめて自分でお金を持たされてお買い物。


Q5 日本で食べたもので美味しかったもの

麦茶!

7歳児 日本滞在の感想

Q1 日本滞在で楽しかったこと?

プールが楽しかった。
プールと温泉のホテル(箱根)
じぃじと遊んだこと
ばぁばのごはんが美味しかった

しっかり泳げるようになったこの夏。オランダの水泳レッスンはいまだウェイティングリスト

Q2 日本滞在でやりたかったけどできなかったことは?

鹿沼公園に行きたかった(交通公園でカートに乗れるところ)
花火


Q3 次に日本に行ったらやりたいことは?

野球やサッカーを観に行きたい
バッティングセンターに行きたい
うどんを食べたい

Q4 日本から持って帰ってきたもので宝物は?

バッティングセンターの機械(ピッチングマシーンのおもちゃ)
ドラえもん(漫画)

お祭りの時、お金は消えていくばかり。なんで射的何度もやったりするかね、男子って


Q5 日本で食べたもので美味しかったもの

ばぁばの食べ物
アイス

友達が作った美味しいごはんもいっぱい食べられた滞在中

今月末で15歳 日本滞在の感想

Q1 日本滞在で楽しかったことは?

野球観に行ったこと(プロ野球)
温泉旅館に泊まりに行ったこと

Q2 日本滞在でやりたかったけどできなかったことは?
プレジャーフォレストに行きたかった(マッスルモンスターをやりたい)
ロッククライミングやりたかった
高校野球生で見たかった。

Q3 次に日本に行ったらやりたいことは?

プロ野球を観に行きたい
高校野球も観に行きたい

野球ばっかりやん。バッティング練習もしっかりと。

Q4 日本から持って帰ってきたもので宝物は?

大谷翔平の代表ユニフォーム
グローブ
バッティンググローブ


今までの人生で一番大きい買い物かも、とも言っている。部屋に飾られています

Q5 日本で食べたもので美味しかったもの

ばぁばの唐揚げ
茶碗蒸し

お母さんとしての総評

いっぱいじぃじとばぁばにお世話になって、しっかり夏休みを満喫しました。子どもたちが滞在中も「また日本に来たいなぁ」といっていたのが印象的です。

子どもたちがそれなりに大きくなってきて、「違い」や「心地よさ」を感じることができるようになったので、「親の予定で連れまわす」というのと違ったものになったなと感じます。それぞれが意見や感想を持っていて、面白い。

12歳以上しか入れない小田原の江之浦測候所にて。一眼レフで写真を撮ってる長男。

同じくらいの年齢の子たちに刺激されている姿も見てて面白かったな。日本の子ども達は大人にちゃんと敬語を使うから、次男が一生懸命敬語を使おうとしていて(間違ってるんだけど)ほほえましかった。

自分からアクションを起こさないと物事が変わらないということを身に染みてわかっているから、やたらと人に話しかけてみたり、すごく能動的に人と関係を持とうとしていて。物怖じせずに見知らぬ人ともウィットに富んだ会話をしようとしているのが、オランダ育ちっぽいなーと関心したりもしました。

私たちにとって日本は「旅」だから、自分自身も余裕がないし、自分たちらしい子育てができなかったなーという反省があったりする。色々なことが「まぁいいや」になってしまって。
暑いから川遊びもできないよなーと思ってたけど、やっぱり道志あたりにキャンプに行けばよかったと後悔したりしてる。

日本の自然は最高。これは青木ヶ原樹海

ヘルシーで安全な有機野菜を育ててくれるじぃじと、美味しいごはんを朝からたくさん作ってくれるばぁばに最大の感謝を。私の父母も忙しい中時間を作ってくれて。そして、会ってくれた家族や友達、遊んでくれたみなさん、本当にありがとう!あえなかった人はまた今度。

冬も夏も行きたい!と子どもたちは言っています。
さぁ、どうなることか。がんばらんとですね。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク