靴箱を使って。オランダのイースターブレックファースト備忘録

イースターというお祭りが好き。キリストが死して復活する日を祝うそのお祭りは、暗くて寒い冬があけて春がやってくる象徴のようなお祭り。ヨーロッパでこのお祭りを祝える喜びよ!

一時帰国からオランダに戻って真っ先にやったのが、この箱作りです。

スポンサーリンク

EASTER BREAKFASTなるものがある

学校から「イースターブレックファーストのために靴箱を用意しておいてください」とのお手紙。なぜ朝食に靴箱?と思ったのですが調べてみると、靴箱をデコレートする中に、朝食を入れて持参するというイベントらしい。その後学校から詳細のお便りが来ました。ネットで日本語で調べても情報があまり出てこなかったので、これは書くしかないねw

カトリック系の学校でよくあるイベントのようです。うちのチビたちが通う移民学校もカトリックなので、こういったイベントは盛り上がります。

靴箱に用意していくのは、「ほかのお子さんの朝食」ということで、各家にアンケートが配られ、そして数日前に友人のリクエストカードが我が家にもやってきました。予算は2.5ユーロ未満。おやつは可だけどプレゼントは入れないこと。リクエストに沿って朝食を用意します。


彼はインド系でベジタリアン。確認したら、牛乳やチーズ、卵などは食べられるそう。殺生をして得る肉はダメってことみたい。食べたいモノがチョコレートクロワッサン、食べられないものが肉類、飲みたいのはショコメル(チョコレートドリンク)

イースター朝食を入れる箱を作る

靴箱に食べ物を入れるってことに少し抵抗があり、市販のボックスを買ってきました。ACTIONにて。

このまんまでもよいのかもしれないけど、イースターっぽく作ってみました。


工作が好きなだけw 市販品で、鳥の巣とかウサギとか、デコレートするものは色々売ってます。うちは木の卵だけ買ってみました。あとは折り紙とか紙で全部作ったよ。ウサギは悩んだ挙句、折り紙でミッフィーに。

反省としては、あげる子の名前を入れればよかった。

リクエストに答えた朝食を作成


前出のインド系の子にはこちらの朝食を。リクエスト通り、チョコレートクロワッサンにショコメル(我が家では絶対買わないものだ)裂けるチーズ、ゆで卵、イースターチョコレート。


こちらは三男くんのクラス。ウクライナのご家庭からのリクエスト。食べたいものが「パンネクック(オランダ式薄型パンケーキ)」食べられないものに「チョコレートとみかん」飲み物は「リンゴジュース」と書いてありました。ここは我が家の食生活に似ているのかも。(我が家もリクエストには100パーセントりんごジュース、チョコレートは入れないで!とリクエストしました)

100パーセントジュースに、パンネクックは蜂蜜と、いつもの砂糖不使用のいちごジャム。イースターチョコの代わりに、ドライフルーツとナッツを入れました。
砂糖不使用のジャムのご紹介記事はこちら↓日本でも買えるよ
https://hitomiarai.info/2016/10/07/post-2012/

食べやすいようにインドネシアのブンクスの紙(片っぽがコーティングしてある)に包んだけど、見た目はアレですな・・・・蜂といちごの絵をかいてあります。

我が家の子どもたちが、どんなものをいただいてくるのか、とっても楽しみ。
来年もこの学校にいるのなら・・・・・もっと気合をいれて作ろうw

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

海外からオーガニックの手作りアロマコスメを日本向け発送!アロマセラピーを学ぶオンライン講座も

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク