クレイで作る手作りミネラルパウダーファンデーション

前回の投稿で、私のメイク&コスメ遍歴、そして手作りパウダーファンデーションの手作りの歴史を書きました。材料の入手状況から、最終的にシンプルなものになりました、という話でしたので、今日は現在のブレンドをご紹介します

スポンサーリンク

世界のあちこち、クレイの話

その前に、前回の投稿からどうぞ

ナチュラルな暮らしを求めていこうとしている私は、コスメも手作り!と頑張っていたのですが、台湾時代からの材料も切れてきて、新しいレシピ開発を余...
今回から、パウダーファンデーションの制作に、クレイを使ってみることにしました。
私が3年半住んでいたインドネシアのバリ島では美容に使える泥が取れるんですよね。私は20代の頃、ウブドにあるアジアンプロフェシーのMusMuskerという泥パックが大好きで、バリに行くたびに、そして誰か行くと頼んで買ってきてもらっていました。お肌すべすべ!

沖縄は「くちゃ」という泥を使ったコスメが商品化されていますよね。沖縄に住んでいた時は、時折使っていました。厳密にはくちゃはクレイとは呼ばないようで、この読み物、おすすめです クレイとクチャについて(PDF)

今、こうやって自分でスキンケア用品を作るようになってからと、あとは住む場所の違い?年齢?で毛穴の汚れやべたつき、角栓が気になることもないので、クレイをお肌の汚れを落とすという目的で使用することもなくなりました。たまにクレイ入りの石鹸を買うくらいで(kalpa vrikshaのココナッツピンククレイ石鹸、かわいいよ)

クレイは日本国内でも採取されますが、
モンモリロナイトはフランス、カオリンは中国、ガスールはモロッコ、ベントナイトはアメリカがメインの産地。カオリンがフランスで採取されたりもしていますが、産地と成分で大体の名前が決まっているようです。アフリカやオーストラリアでも採取されていて、まさに世界中でクレイを使った伝統療法やセラピー、そして儀式への使用があるようです。

これはパプアかな。伝統的なメイクアップはクレイを使うことも多い。

ということで、クレイを買ってみました。

肌に伸ばすことで色がつく、ということは、まさに本来のメイクの姿なわけで、ナチュラルメイクのお供にはぴったりかもしれません。クレイと仲良くなるためにも、カオリン、ベントナイトを買ってみました。オーストラリアのレッドクレイも近々買ってみるつもりです。

この赤は欲しい!これは壁だけど・・・

○フランス産ホワイトカオリンの特徴
分子がとても細かく、吸着力はそこまで強くないのでお肌に穏やか。このままボディパウダーになったり、消臭効果があるのでデオドラントにも。瘢痕形成作用(傷を治す効果)あり。

ということで、これはとてもファンデーション向き!

○ベントナイトの特徴
吸着性がとても高く水分を呼び込みやすい。例えば角栓を取りたいとき、油っぽいのが気になる方にはお薦め。さらにクレイは内服もできるので、体内の不要なものを排出する手助けに。
購入したオランダのサイトでは、水銀や放射性物質の排出を助けたり、腸内細菌のサポート、腸自体の保護をする作用などがあると書いてありました。

この性質からいうと、ファンデには使えません。内服の話はまた今度、書きます。

おまけに、カラミンパウダーなるものを発見したので、こちらも購入。

○カラミンパウダーの特徴
酸化亜鉛と炭酸亜鉛、そして酸化鉄(赤)の混合パウダー。日焼けや炎症を抑える効果で知られ、日本だと「カラミンローション」という日焼け後ケアのローションを買ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。表面を乾燥させ、かゆみを緩和し冷やす作用がある。日焼け止め作用あり。

カラミンローションってこういうの(資生堂はカーマインローション)

日本でこのカラミンパウダーを探したけど、見つからないなぁ。みなさんにお届けできるように方法を考えようかな。だってニキビなどの炎症肌にも使えるし、いいよこれはなかなか。
酸化亜鉛が入っているのでこれで、日焼け止めも兼ねる。

似た作用を持つ物質はタナカパウダーなのだけど、こちらもやはり日本ではなかなか
手に入らず。タイやミャンマーに行く人に頼むしかないのが現状です
タナカパウダーの記事はこちら↓
https://hitomiarai.info/2016/07/05/post-1748/

クレイとカラミンパウダーと、あとはもうひとつ

このふたつのブレンドでもよかったのですが、ちょっとでもオークルにしたいなぁと、使えるナチュラル素材を色々調べていたら、コスメ作りにココアを使うのが結構一般的なの??
ドミニカからオランダまで帆船で届いたというフェアトレードでオーガニックの、
私の宝物のカカオパウダーを投入しました。


オランダブランドのココアはアンティーク缶もよく見かけますよね。
ココアっていうとオランダ感がありますが、もちろんオランダでは採れません。

カカオパウダーなら、手に入りやすいし、粉末も細かいので、色むらになりにくい。
自分で手軽に、自分のお手持ちのカカオパウダーで色調整できて、便利ですね。

お化粧するときくらい、日本女子の肌理の整った肌を思い出さなければ!ということで、香りは精油ではなく塗香を。なんだか懐かしい香りになりました。

あぁ、またよくない写真(笑)

自作クレイミネラルパウダーファンデーション使った感想

いい!すっごくいい!お肌の毛穴がしっかりと埋まって(というか収斂作用で縮まって?)お肌自体がすべすべになります。そのサラサラ感が結構長続きすると過去の作品と比較すると感じます。

ファンデーションというより「おしろい」という感じ。さーっとブラシかパフで顔全体にお粉をかけて、不要な分はブラシで落とす、という使い方で、簡単です。なんの技術もいらずに塗ることができました。

ベースにBBクリームなどを使ってもいいでしょうし、コンシーラーだけ、または私のように
すっぴんにこのパウダーだけでも十分アリな感じがします。
是非是非、お薦め!ショッピングサイトにも近々掲載しようかな。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

海外からオーガニックの手作りアロマコスメを日本向け発送!アロマセラピーを学ぶオンライン講座も

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク