【報告】アコースティックギターを飛行機で運んで来た話

もうバリから戻って2週間になるんですね。
あっという間。
バリ島滞在中にぐったり高熱を出していた三男くんも
すっかり元気になり、
忙しかった相方くんが気が抜けて、体調を崩しています。
Jpeg
まだ元気だったころ(でも人見知りが激しすぎた)
この翌日夜から発熱。

スポンサーリンク

長男くんの弦楽器への思い

12歳長男くん、バリにいるときはギターを楽しく弾いていたのですが
引っ越し荷物にギターを含められず、バリに置いて来ていました。
元は私の弟が使っていたYAMAHAのギター。

年齢的なものもあり、やはり弦楽器のない暮らしは、彩りに欠けるようです。
口癖のように「ヨーロッパに行ったらバイオリンを習いたい」ばかり言っています。

母としては「それなら、まず二胡やりなよーーー」ってすすめているのですが
まだ心が動いてくれない。
弦に触れてるってのは、良いと思うんだけどなー
せっかく台湾にいるんだから二胡習えば良いのに。

そんなわけで、私のバリ行きが決まったら
「ママ、ギター持って来て!!!」と目をキラキラさせて言っていたのでした

次男にいいなーって言われたキティエア。
次男は私の不在中にタイガーエアーに乗ったそうです。
なんか、キティにタイガーにピーチにガルーダに
おもちゃみたいだな、航空会社の名前って。

事前に飛行機会社に確認

バリの空港を出る時にトラブルになるのを避けたくて
事前に航空会社に確認をして、私のフライトインフォに記載してもらいました
その時の顛末は過去記事

楽器の運搬というのは、飛行機の移動が多い人にとって、とても頭を悩ませる問題です。 今回、バリ島に置いて来た長男のアコースティッ...

結果、何ももめることなく、何も聞かれることなく
無事に運んでくることが出来ました。
荷物を預ける時に、破損の責を問わない旨のサインをさせられただけ。
Jpeg
私と3歳児で20キロ×2で40キロの荷物を預けることが可能。
1梱包は23キロまで。
行きはスーツケース+この布の袋。
帰りも、これに+ギターで帰ってきました

Jpeg

帰りは36キロ。
バリに残して来た荷物とか、カカオパウダーとかココナッツオイルとか
色々運んできましたが、無事に範囲内。
ぐったりチビさんが、ずっと抱っこだったのでこのくらいで精一杯です。
他の欲しかったものは、また次回ということで。
ギターは、ソフトケースに入っているので
ソフトケースの内部にダンボールを入れて、特に
ネックが折れないようにネックとボディの接続地点あたりを
しっかりと梱包。袋の上からヘッドも梱包
・・・・なんて書いてますが、
当時発熱中だった三男くんが、まったく離れてくれず身動きがとれなかったため
ちょうどバリに来ていた父に梱包してもらいました。
ありがとう、じぃじ。
こういう梱包のこつは、「外から何かわかるように」ってのが重要。
ダンボールに入ってたり、何か分からないと、投げられる。
ギターはギターってわかったほうが、よいと思う。
ハードケースだったら良いのだけどねぇ。

これから練習^^

マンションという住宅状況で
どうも階下に赤ちゃんもいるらしい我が家。
ちょこちょこしか練習が再開できていませんが
とても嬉しそうな長男。

私もピアノと共に育っているからね
楽器があるのはいいよね。

Jpeg
人見知り&体調不良だった三男くんを引き連れてましたが
人気店や話題の店は、ちゃんとおさえてありますw
これはウブド漁師隣りにできた、ムッシュスプーン。
クロワッサンが美味しくて評判のお店。
朝も早くからやってるし、よい雰囲気でした^^
昔、長男がサーフィン帰りに南部にあるムッシュスプーンで
お土産にクロワッサン買って来てくれたことを思い出します。

どんどん世界の広がって行くお年頃に
ギターがいい友で、ありますように。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

海外からオーガニックの手作りアロマコスメを日本向け発送!アロマセラピーを学ぶオンライン講座も

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク