旅好きの人にもおすすめ。オランダ暮らしにぴったりの、リュックを買ったよ

オランダでの移動は基本、自転車。アロマクラフト会の出張に行くようになって、手持ちのカバンではちょっと厳しくなってきました。仕事、お買い物、そして夫婦で共有できるものを!ということで、お友達に勧めてもらったリュックを購入しました

スポンサーリンク

防水が安心のオランダ暮らし

ふいな雨が降ったりすることも多いオランダ。風車のある風の国ですから、天候が変わる時もあっという間です。一時帰国時にUNITED ARROWS のGreen Labelで買ったMEIのマザーズバックを(あー子どもが赤ちゃんの時、こういうバック使ってたわーとか、日本人以外の友達に笑われながらも)使っていることが多いです。アウトドアブランドだし、防水?撥水?インナーのボトルホルダーもあって、何よりかばん自体が軽いので、重宝しています。

といえ、アロマ会の荷物は厳しい。自転車に乗るからと、肩に斜め掛けにしたときの負担といったら!だいぶコンパクトにパッキングできるようになりましたが、アロマ会は、日本だったらガラガラ使用の重量ですから。

ごつくてシンプル、ORTLIEB オルトリーブの魅力

友達が使っていて「買うなら、大きいサイズがいいよ」と言われ、購入したオルトリーブ。完全防水で、大容量、ドイツ発の自転車乗りのブランドです。なんと5年保証付き!オランダではアウトドアショップや自転車用品店には売っていることが多いです。でも、我が家の買ったサイズは大きめで、店頭では見つけられなかったので、オランダのネットショップで購入しました。

Die Fahrradtaschen und Rucksäcke von ORTLIEB sind wasserdicht: Unsere Backpacks trotzen jeder Witterung – das ist die ORTLIEB-Waterproof-Qualität.

日本人の体の幅には、やっぱり大きいなぁと思うのですが、日々の買い物に、アロマ会にと大活躍しています。雨の心配をしなくていいっていうのは本当に嬉しい。子どもの通学バックにも良いな。これなら電子機器もテキストも濡れない。5年保証ってことは、5年持つってことでしょ?普通の縫製のリュックに、レインカバーをかけたもので、毎年買い替えることを考えるなら、悪くないと思う。気にしてみてみると、結構持ってる人、いますね。

もうひとつ、実は買おうか迷ってるリュックがある。その名はキャビンゼロ

リュックが嫌いなんです、実は。大学時代にスケーターブランドのリュックを持っていたのが最後。15年以上ぶりのリュック復活です。やっぱりこのゴツさが気になる。可愛げがない。機内持ち込みできるか微妙・・・と思うと、浮上してくるのがこれ。

キャビンゼロ
https://www.cabinzero.com/

これは、いろいろ小分けできるポケットがついてて、ビジュアル的にもシンプルで、ちょっとアウトドアなリュックの似合わない場所でも使用できる雰囲気。お値段も日本でも7000円を切るものからあるので、いいよね。もちろん、防水。保証付き(FacebookにLikeすると、 なんと25年保証!)オランダのアウトドアショップで見たときは、なんだか高いお値段設定だったので、買うならイギリスから取り寄せるつもりです。でも、これだけ色があると、それで悩むのよ・・・決められない

キャビンゼロについては、TABILABOさんの記事が詳しいです

トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの人にとっては関係ないかもしれません。旅行であれ、出張であれ、鞄はバックパックの一択という人が増えているから。両手が使えるという利点もさることながら、“ビジネスマンでも...

と、ここまで書いたところで、もしやリュック嫌いを克服したのでは?と気づきました。キャビンゼロ、買った方は見せてねー。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク