オランダでインドネシアの民間薬「クニットアッサム」を作る

なんだか体が疲れているような感じ。満月で、生理で。そういえば友達もホルモンバランスがって、言ってたな。ということで、オランダでも作ってみました

スポンサーリンク

インドネシアの漢方。ジャムー

ジャムーというと、媚薬みたいなイメージをお持ちの方もいると思うのですが、インドネシア発祥の漢方というか民間薬全般を指します。アーユルヴェーダとも深い繋がりがあり、その処方は、飲用だけでなく、湿布やマッサージに使う外用のものも。
町ではいまだにジャムーを背負い籠に背負ったおばちゃんが健在だし、スーパーや町のジャムースタンドでも、インスタントのものが販売されているので、手軽に健康維持のために飲むことができます。
たしかに、バストアップとか、男性が元気になる、などの効能のものもあります。

ジャムー売りの人はバリ人ではないんだよ。

クニットアッサムの材料

バリ島在住時代もよく作っていたクニットアッサム。市販のものも買っていたけど、お手伝いさんに作ってもらったり、自分で作ったり。
主に女性器系のトラブル、血行促進、肝機能の改善などなど、効果がいろいろあります。

材料はこちら

ウコン・やし砂糖(グラアレン)・しょうが・シナモンスティック・タマリンドペースト

ウコン=クニット(オランダ語でもクニットって書いてあった)は適量摂取することで、肝機能をサポート、血流の改善、免疫機能を高めり、アンチエイジング(抗酸化作用)の効果があるといわれれています。
砂糖を薬に使うというのは、日本人にとっては結構衝撃なのですが、ヤシ砂糖はかなりジャムーレシピの中に登場します。ヤシの花の根元を切って、その汁を集めて固めたものなので、GI値も低く、ミネラルが豊富です。固形なので、必要なだけ包丁でカットして使います。煮物のコクがないときなんかにも使えるのよこれ。
しょうがは体を温め血行を良くする効果。
シナモンスティックは、普通は入れないのかな?大体飲みたくなるときが、体調が悪い時が多
いので、シナモンの抗酸化作用や加温作用を求めるし、味もお気に入り。
タマリンドペーストは、タマリンドというマメ科の樹の実で、甘酸っぱい味。チャツネに入っていたり、アジアの国では調味料としてたびたび使われるもの(ちなみにタマリンドが手に入りにくい日本だと、替わりに梅干し使います)です。整腸作用があり、カリウムが豊富なのでむくみをとってくれるし、鉄分も豊富で貧血にも。

自転車で15分のアジアンスーパーで、購入できました^^ すごいぞ東方行!

バリのお豆腐屋さんが作っていた、ダウンシリー(キンマの葉)が入ったものも好きだったなぁ。収斂作用と抗菌、消臭作用が足されます。また飲みたいなぁ。

作り方は簡単、切って煮るだけ。

しょうがやウコンは、皮をむいて薄切りにして煮るだけ。分量も適当で、味見をしながら材料を足していきます。

温かいままでも、冷やしても。甘いのでジュースのように飲むことができます。久しぶりに飲んだら、やっぱり美味しい!というか、体が求めてた!家族も「あーこの味この味!」と、バリ島暮らしを思い出してくれました。よかった。

せっかく材料が手に入るので、これからもたびたび作っていきたいなと思いました。


移民コミュニティーの中にいる我が家。お友達はインドネシア人、マレーシア人、フィリピン人が多くて、最近は毎日のようにインドネシア語を話しています。だって、雪が降ったんだよ!シェアしないわけにはいかないよね。

まさかこんな、オランダでインドネシア気分でいられるとは、思ってもみなかった(笑)

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク