血行促進&かわいい!締め付けないショーツおすすめNo1はバリ島発Runguのゆるりパンツとゆるり*ブラ

女子は血流が命!今日は、締め付けない下着のメリットと、そして「らくちん下着ジプシー」だった私が辿り着いたRunguのショーツを、おすすめしていきます。

普通のショーツをお使いの方、冷え性の方、PMSに悩む方、妊活中、妊娠中、産後の方にも是非試していただきたい。一番下に、日本で購入できる、おすすめのショップのリンクもあります。

スポンサーリンク

血流を妨げないショーツの静かなブーム

そけい部(足の付け根)を解放して、血流を良くすることは、冷えや生理不順や不妊など、女性器に関するトラブルを改善できるということで、自然派女子の間で人気のショーツたち。

私はというと、8年くらい前から、昔ながらのふんどしを愛用していました。ナチュラルなライフスタイルが好きな方やヒッピー系の人にはおなじみで、イベントなどでは昔から結構おしゃれふんどしが販売されていたのです。一部界隈だけだけど。

たしかに、「ふんどし」を使うことで、血行が良くなった実感がありました。当時は、ヨガやマクロビオティックやレイキを実践していたので、冷えの改善やPMSの改善に繋がったのは、それらの影響ももちろんあります。でも、間違いなく「ふんどし効果」はあった、と思う。

この話は、経血コントロール(生理のナプキンを使わず経血をトイレで出す)まで話はつながっていくことができるのですが、まぁ、一般的ではないので割愛します。

茜染ショーツ
これは、2010年に、次男妊娠記念として購入した茜染めのショーツ。ふんどしとショーツをオーダーしました。

かわいい?付け心地は?女子用ふんどしの難点

ふんどし、確かに血行はよくなるようですが、いくつかの難点があるんです

1.紐が痛い
着用してみるとわかるのですが、紐の素材や締め具合によって、紐による痛みが。骨部分と擦れて、赤くなったり、痕がついたり。

2.お腹の所の布がもたつく
ふんどしは、お腹のところの布が二重になるので、ぴったりしたボトムスを履きたいときなどはボディラインに影響してしまう。冬はお腹が温かくてよいですが、夏は暑いです。

3.結構緩んでくる
紐の結びなおしや、なんとなく着心地の悪くなることあり。

4.あまりかわいくない&若干周りがひくw
ママ&ベビーのお仕事をしていた関係上、特にナチュラルな育児に興味のあるママさんたちにも、よくおすすめしてたのですが「えーふんどしーーーw」という反応。温泉に行ったりすると、やはり周りの目が気になりますね。

そして、ふんどしの場合、ブラとパンツで上下セットにすることが難しいんですよね。
やっぱり、勝負パンツにはなり得ないかも、ふんどし。
090603_1111~0001
今では地域通貨などのコミュニティ作りでも有名になってる藤野あたりのコミュニティだと、ふんどし着用は結構普通でしたね。これは2009年のふんどし作りワークショップの画像。

もっと心地よく過ごしたい。ナチュラル下着ジプシー

赤ちゃんもそうだけど、肌着というのは、質の良しあしはお肌や心にも影響するらしい。自分に合わないものだと、イライラ度が増すのは、どこかの機関が研究論文を発表していたはず。(すごいアバウトなこと書いてますが)もっと快適な下着はないかなーと色々探しました。

自分で作ってみたこともある。ヤフオクやネットで探したり、色々なイベントで買ったり。素材も、麻や手紡ぎのシルク、コットンで編んだものとか、らくちんな下着、いっぱい試してみました。

そんな試した中で不満があったのは、やっぱり

◯デザイン性
◯色

思い返してみれば、私は高校時代から下着にハマっていて(それは普通の寄せてあげてフリフリの下着たちです。)「私下着屋さんになりたい」と言ってたこともある、自称下着好き。

オーガニック、ナチュラル、という下着は、おばさんっぽいというか、色もかわいくないし
デザインもちょっと野暮ったいものが多いんです。私は嫌だな。私はいまはナチュラル志向になったので、シリコンが入っているものやワイヤーの強いもの、ポリエステルなどのレース調のものは使わない。けれど、それでもやっぱり、可愛い下着だと気分があがるし、付け心地やボディラインがよく見えたら最高。

海外には、オーガニックだって、セクシーだったり可愛いデザインの下着やナイトウエアは、あるし、日本の「いかにも自然派です」っていうベージュで股上が深い良妻賢母的下着は、なんだか好きになれない。

オーガニックでセクシーで、何が悪いw

Runguゆるりブラ
今回のバリ旅でも買って来た新しいタイプのゆるり*ブラ。ナチュラルトーンじゃない、パキっとしたものも可愛い。しかもヘナデザイン入りで、可愛い。

そしてバリ島発、Rungu(ルグ)との出会い

バリで出会い、他の土地に移っても、私の大切な親友のになったあやさん。彼女が作っていたのがRungu(ルグ)のブラとパンツです。

素材も
縫製も
カットも
寸法も
色の組み合わせも

試行錯誤を重ね、考えられて作られている。肌にも環境にもできるだけ優しいものを。
そして、インドネシアだから、できることを。これは、「モノづくり」の作品だ。

着ている人が、どんなボディでもキュートに見えるものをデザインして、サイズを決めて、商品にまで落とし込むというのはなんて凄いことなんだろう。下着なんて、一見簡単に見えるけど、実際に布を裁ち、縫って使い心地よくするのは、簡単なことじゃない。

優れたデザインと快適さがじわじわと話題を呼んで、日本でも本物志向のお店で扱われたりしています。量販品ではないんです。環境負担のない範囲で。

rungu

写真はRunguのサイトより。写真向かって左側が、「ねじって着られるブラ」
ゆるり*ブラです。

作る人、売る人の誠実さ。

この「ゆるり*ブラ」色んな方が、何度も「特許や実用新案を取った方がよいのでは?」と提案をしているんです。

私も、実用新案の手続きなどを仕事でしたことがあるので(一応法学部卒だし)登録申請と、実際のその権利の行使について、作者にお話したりしたこともあります。

悲しいけれど、世の中には、色々な人がいるから。

それでもRunguは、現時点では
特許や実用新案の登録はしないことにしているそうです。それは、決してデザイン権を放棄しているわけではなくて、制作者の社会への思いが詰まっています。

http://www.dewirungu.com/japanese/デザインのこと/

公式なアンサーが、Runguらしくて、好きです。この文に続いていく、Runguの葛藤と愛
是非読んで欲しいです。

だから同時に、世の中の、ものを作ったりデザインしたりする人達の、
「アイデア/デザインのオリジナリティ」ということに対する意識と、
彼らの自分の仕事に対するプライドに期待していたりもします。

お客さんに対する姿勢でも、製作に対する姿勢でも、そして環境に対する姿勢でも、Runguには愛があって、筋が通ってる。私はそう思っています。

バリ島の地下水の枯渇問題に配慮して、人気の草木染めラインも縮小してしまいました。あんなに人気で売れていたのに!経済活動優先ではなく「日本の人が使うものに、この島の水を大量に使うのはどうなんだろう」と疑問に思って、アクションを起こす勇気に拍手です。

http://www.dewirungu.com/2016/02/02/ルグがルグらしくあるために/

本当に読んで欲しい。バリの地下水問題と草木染め。

Runguは、誠実だと思う。泣きたいくらいに、誠実だ。

20150525_142434

お洗濯も気兼ねなく。乾きやすく旅する人にもおすすめ

旅をすることの多い人は、ランドリーでお洗濯をしたり、手洗いしたものを、お部屋の内外に干すことが多いと思います。

この下着は、コットンだけれど乾きやすい。洗濯機が回っている時や干している時の「パンツ」感が少ないので、下着の盗難や女性の身の安全にも一役買います。旅先で、女性の身を守るのに、こういうところって大事。

Rungu草木染め
見てるだけで幸せになれる草木染めシリーズ。以前染めの工房も、見学に行かせてもらいました。写真はRunguのサイトより。もちろん今回のバリ島滞在でも、無くなる前に購入してきましたw

サイドで紐を結ぶのですが、結び目も痛くなりにくくかわいいです。

作られているウブドは、開発の続くバリでもまだ自然が残っているバリらしいところ。

サイズの変化しやすい妊娠中・授乳中の方にもおすすめ

臨月、そして産後もずっとこのブラとパンツを利用していました。大きくなるお腹(私は最大94cm)でも同じショーツを履き続けられる。妊娠中ぐんぐん育つバストにも、同じブラで、負担なく対応できる。産後は、バストが張ってしまって、一日の間でもサイズがどんどん変化する時期ですから、楽なのが一番。

また、お肌も乾燥気味でトラブルの起きやすい時期。

ポリエステル地の下着は、乾きやすいものの、おりものが増える妊娠出産時に、痒みなどのトラブルのもとになりがちです。縫い目が当たって赤くなったり、結構地味な不快感。そんな時に、オーガニック素材のブラとパンツが使えるというのは、とても心地よいものです。

13285641_1025807857513268_905294375_n

これは日本でイベントに一緒に出店したときの写真。どんどん売れていきます。

市販の妊婦さん用、そして授乳用のブラやショーツはかわいくないし、なによりお値段が高い。妊娠中~産後期の、「ママ」という役割でいっぱいいっぱいになってしまう時に、「女性でいる」ということを意識できる、好きな色の下着を着られることは、精神衛生上非常に良い。
Runguの下着は、「自分の身体を愛する下着」

妊婦さんでも、産後のへなへなになったお腹でも「あ、今の私も綺麗かも」と思わせてくれる
そんなフィット感。本当は美しいんだよ、妊婦さんの体も、産後の体も。
さらに、Runguだったら、オーガニックなのに上下4000円でおつりが来るお値段なんですubud bali

こんな景色のところで作られています。深い緑と、響くガムランの音と。

日本でもオンラインで購入できます

バリ島に行かれる方は、是非サイトから、直接メールをしてお問い合わせください。
日本の方は、取扱店か、通販で購入可能です。


http://www.dewirungu.com

ルグONLINE SHOP
http://www.dewirungu.com/japanese/online-shop/

日本国内の取り扱い店

「締め付けない下着」に不安のあるかたは、最初は夜寝るときだけ着用してみると良いですよ。私はこれからも、Runguと一緒に日々を過ごしていきます。そして、しつこく人に勧めていきます。この快適さを、是非^^

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク