オランダ 学校で朝食を national school ontbijt

先日、学校で朝ごはんを食べます、というお知らせが。パジャマで登校、お気に入りのぬいぐるみなども持参してよいですよー、とのこと。

スポンサーリンク

National School ontbijt

小学校でも中学校でも「ちゃんと朝食を食べましょう」という指導は時折されているのですが、ちびたちの通う学校では年に1度、みんなで朝食を食べる日というのがあります。

Nationaal Schoolontbijt

パンにバター、あとはフルーツくらいしか出ないのですが、朝食を食べる重要性などを聞いてくる。今年は言葉もだいぶわかるようになっているので、次男が説明してくれました。

・チョコレートは朝食べるとエネルギーが出ないから駄目だ
(ヌテラやオランダ特産品であるハーゲルスラッハを毎朝食べない)

・白いパンより黒いパンのほうがいい

チョコレートとかスナックの大好きな移民の多い学校なので、指導に衝撃が走るwww

ハーゲルスラッハは、確かにチョコレートだけど、幸せになれる食べ物なんだけどなー(笑)

パンは、確かにオランダの人は黒パンを選ぶというし、精製小麦だけのものより、ライ麦や全粒粉の混ざったもののほうが良いと思うので、我が家もできる限り黒パンや全粒粉のパンを選んでいます。最近(いや、先週)は近所にドイツ系のパンを売るお店ができたので、もっぱらそこへ。酸味のある酵母の味が美味しい。


実は我が家にも常備してるHagel slag。バターたっぷり+チョコレートです。
オーガニックのものもあります。

親以外から学ぶことを

言葉がわかるようになってから、親以外から学んでくることが増えた子どもたち。こうやって世界は拡がっていくんだね。こういう、任意に参加できるイベントに積極的な子ども達の通う学校。朝ごはんのあれこれ、ゴミ捨てのあれこれ、学校で習ってきたことを、得意げに説明してくれることで、新たな会話が生まれます。

子育てが、だんだん肌を離れる時期になってきて、ずっしりと満ち満ちた子どもたち。手と目を離さず、また新しい視点で彼らとかかわっていくことは、とても楽しいな、と、思います。

アートにも朝食が!というのが、なんともオランダらしい。フェルメールのミルクを注ぐ女

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク