バリ島時代の友人の死と、彼女の残した香り

友人の一人が、長い闘病の末、亡くなった。言葉にならない思いがいっぱいあって、どうしていいかわからなくて。香りと、共通の友人に助けられた、という自分のための記録です。

彼女とは、バリ島ウブド在住時に、定期開催していたアロマクラフト会で出会った。secret gardenという素敵なオープンカフェで、おいしくてヘルシーなごはんを食べたりしながら、香りとともに過ごす午後。初対面の彼女は、細身で笑顔の可愛い人で。会の最後、ほかの方がいないところで、「乳がんのステージ3なんです」と打ち明けられた。あれはもう4,5年くらい前の話なのかな。

彼女も別の繋がりから、私と同じ精油を利用していて、日本語のアロマ情報が不足しがちの海外暮らしで、よくメッセージのやりとりをした。彼女は精油の助けも借りながら、完治に向かえないか、そう考えているようだった。

たぶん二人きりでお出かけしたことはないのだけれど、相方の演奏会にも来てくれることがあったり、なんとなく、感覚の近さのようなものを感じられる人で、バリ島を離れても、たびたびメッセージのやりとりをしたり、ご注文商品を送ったり、そんなつかず離れずの関係が続いていて。そんな彼女がこの夏、アムステルダムに遊びに来ることを、とても楽しみにしていた。

そろそろオランダに来るころじゃないかなぁと思っていた8月初旬のある日、LINEメッセージが届く。アムステルダムに来ているけれど、痛みが強くて外に出られない、と。その時も、化粧水やスティッククリームのご注文をくれたのだけれど、日程がタイトすぎて断念。次に落ち着いた先に送るね、ということに。数日前に余命1か月と宣告された、とそのメッセージには書いてあったのに、全く諦めている様子はなくて、いつものままの、明るいメッセージ。なんて強い人なんだろう。

今回会えないということは、また次回があるってことだね!
と、お互いの再会を楽しみにして、そのメッセージのやりとりは、終わってしまた。永久に。

9月21日、彼女は虹の橋を渡った。彼女のまだ15歳くらいの娘さんが訃報を英語で投稿していたのだけど、それがとても美しい文章で。忙しく落ち着ける時間がなくて、彼女の死にステイすることができなくて。涙も出ないし、感情を「飲み込んで」しまったような、心がフリーズしてしまったような、そんな状態が続いた。

そして、彼女にいつも作っていた香りを、制作ノートをひっくり返して探した。

フランキンセンス
ラベンダー
そして、彼女が選ぶブレンドオイルには必ず入っていたのは、ジャスミン。

この3つの香りを嗅いだ時に、やっと、彼女の死が現実として、私の中に入ってきた。あぁ、まさに彼女の香りだなぁと。

その数日後、ギリシャでのリトリートを終えた共通の友人まっすんとすーちゃんが、トランジットでアムステルダムへ。なくなった彼女は、まっすんのチャクラワークやヨガの生徒さん。一緒にアロマも楽しんだし、まさにバリ島暮らしで同じ空間を共にした仲間。ふたりにも、この香りをわけたくて、クリームにして、持って行ってプレゼントした。

その死の悲しみを一緒にシェアして、ハグできる人がいるっていうことが、どれだけ心強いことか。触れ合うことがどれだけ、癒すのか。ふたりに会って話して、本当にそう思った。胸の苦しみを、香りとともに解放する、そんな時間だった気がする。

彼女と会うはずで会えなかったアムステルダム。友達と意味のある時間を過ごせたことで、
好きな街に、なってきた気がする。

今、落ち着いた気持ちになって彼女の死から思うことは、自分は死と向き合って生きているだろうか、ということ。それは生と向き合って生きているだろうか、という問いと同義だ。

自分の中にいくつもあるパーツそれぞれを、大事にしよう。いいところも悪いところも。
しっかり見つめて、しっかり生きて、そして彼女のように、最終的には満面の笑みで笑える
そんな自分であったなら。

Rest in peace Chizuru

アムスで再会したまっすんことますみさんのページ。日本はもちろん、バリ島、ギリシャ、イタリアなど世界中で活躍しているヨガティーチャーです

Masumi Lacoste

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

○アロマ研究会テキストマタニティ/キッズ/聖書のレインドロップテキストこちらからご購入いただけます

○アロマをこれからスタートなさる方、入門講座はアロマセラピー基礎講座

○お電話よろず相談窓口もこちら。30分お電話相談

各種テキスト、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク