旅の音楽家、重松壮一郎さんのピアノコンサート

先日、自然の中と、心の中を旅するような、そんな素敵なピアノコンサートにお邪魔させていただきました。

スポンサーリンク

夏の終わりの陽ざしの中で、ピアノコンサート

大好きなお花の先生、ヒームストラ舞先生のご自宅で開催されたピアノコンサート。ニューヴェネプという、スキポール空港からほど近い場所ながらも、とても落ち着いて自然豊かな町に先生のご自宅はあります。

ただいま、オランダは5月の休暇中。2週間、子どもたちとどっぷりと過ごす日々。そんな中、また友達と素敵な時間を過ごすことができました。それはフ...

舞さんの長年のお友達である、重松壮一郎(SOSO)さんがご家族で来蘭されるとのことで、コンサートの日を心待ちにしていました。舞さんも夏に一時帰国していたから、久しぶりの再会^^夏の終わりのその日は、いままでの陽ざしに少し優しさが加わったような、そんな美しい日でした。

かわいらしいおうちと、娘さんの水彩と、舞さんのアレンジメントと。こちらのピアノはもう100年も前のもの、だそう。

ピアノ演奏会と絵本の朗読

旅をして音を奏でるSOSOさん。落ち着いた佇まいと、紡ぎだされる音は、草原の中にいるような、木漏れ日の中にいるような。窓の外の景色を眺めながら流れてくる音に心を浸していると、幼少期に旅をしているような気分。

即興演奏と、いくつかの楽曲のあと、ピアノの音に合わせ在住の方が「100万回生きたねこ」の朗読(その場で英語に訳して朗読なさっていました)その美しいピアノの音色と、優しく深みのある朗読に、涙が。何度も読んでいるお話しなのだけど、とても染み入ってきました。

そして、お子さんが生まれた時にできた「つむぎ」という曲。演奏前の「ご自身が生まれた時のことを思い出して」という彼の声に、はたと、自分が子どもを産んだ時のことに思いは馳せても、自分が生まれた時のことって、そういえばすっかり忘れてるなぁと、そんなことに気付く。力強さと繊細さが入り混じる音は、それまで聴いていた作品よりも、大地を感じる音色だと思いました。

オランダ人女性と演奏会やお話しについて、シェアできたのもとても良い機会でした。

SOSOさんの、香り

前夜に、SOSOさんにお渡ししようと思って、音源を聴きながらクリームのブレンドを考えていました。すっきりして、かつ瞑想的なフランキンセンスをベースのブレンドを作成。そして、どうしても入れたかったカッシアを1滴。

カッシア(シナモン)は、不死鳥が蘇りの時に飛び込む火を焚くときに使われるひとつ。死と再生の象徴ともいえるその香りは、彼が奏でた魂の旅と、なんだかシンクロしていました。ほっこりと暖めてくれる、というのも彼の音のイメージにぴったりだったな。

帰りはお散歩。豊かさを感じるひととき。

人生は喜びの連続なのかもしれない

演奏会の後は、和気あいあいと、お食事会。子どもたちの声が溢れる、楽しい時間でした。

綿々と続くもの。
人生は喜びの連続なのかもしれない

そんなことに意識を向けることのできた、素敵な日でした。


重松壮一郎さんは、日本各地、そして世界のあちこちで音を奏でていらっしゃいます。iTunes、Amazon MP3でも購入できますし、 Apple Music、Spotifyではストリーミング配信で聴けますよ。また来年オランダで、お待ちしています^^

重松壮一郎さんの公式ウェブサイトはこちら

iTunes(japanese)

"風のゆくえ"、"YAMBARU"、"みずよとわに" とその他を含む、アルバム「tsumugi」の曲を聴こう。 アルバムを¥1,500で購入する。 1曲¥200から。 Apple Music に登録すると、無料で利用できます。

Amazon MP3(japanese)

Amazon.co.jp: tsumugi: 重松壮一郎: デジタルミュージック

今回のオランダ、ベルギーツアーの動画、オランダの夏が恋しくなる、そんなロードムービー風で素敵です。こちらもあわせてどうぞ

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

○アロマ研究会テキストマタニティ/キッズ/聖書のレインドロップテキストこちらからご購入いただけます

○アロマをこれからスタートなさる方、入門講座はアロマセラピー基礎講座

○お電話よろず相談窓口もこちら。30分お電話相談

各種テキスト、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク