オランダで日本の味。春の味覚ルバーブで練り梅もどき!

オランダに帰ってきたら、ルバーブが店頭に並ぶようになっていました。赤い茎で酸味をもつそれは、欧州ではジャム作りに使われる春の味覚。酸っぱい?それなら、これを作るしかないでしょう!ということで

スポンサーリンク

ルバーブは梅になるんではないか

梅干し大好き長男がいるため、「梅の味になるもの」については、常に注意を払ってきました。そしてバリ島で作ったのは、ローゼラソルト。写真向かって左のものがローゼラ(ロゼラ)と塩を混ぜたものです。美味しいよ。バリ島だとフレッシュなものはもちろん、乾燥のハーブティー用のローゼラも手に入ります。(ハイビスカスティーと呼ばれるものに入っているものです)

または生のローゼラ(ドライローゼラを戻したものでも可)を塩漬けにしてから刻み、ごはんに混ぜて「かりかり梅風」にしたり、タマリロを塩漬けにしたこともあります。

ルバーブはタデ科で、日本だったらイタドリと同じなのか、近種なのか。漢方で使われる大黄の近種らしい。大黄は、緩下作用(おなかを緩くする作用)や浄血作用などがあり、デトックスの漢方という認識をしています(ただし、大黄は根を使用)ルバーブも同様の効果があるようですね。
齧ってみた味は、シュウ酸の味なのかな?スベリヒユの酸味を思い出す味でした。


葉は毒があるから注意!茎だけ使います。

簡単クッキングで練り梅もどきを作る

洗って、ざくざくと切って、塩と一緒にぐつぐつ煮るだけ!

はちみつとパームシュガーで、少し甘味を足しました。


写真が逆光ですが、これはアリだぞ!!!!

おくらと合わせて和風パスタも。

梅きゅう(写真真ん中)もイケる!これは完全に梅だぁ

あるもので日本的な味を楽しむ

我が家は長男以外はあまり日本食に興味を示さないのですが、やっぱりあると嬉しい日本風の味。食材を送ってもらったりすることがないのと、日本食材店はやっぱり高い!ということで、我が家の食卓では、基本的にはローカルで手に入るもので、日本的な味を作りだします。

在住の皆さんの知恵を聞いてみると、本当に面白い!これからもいろいろ研究していきます。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク