ひなまつりにちらし寿司を。オランダで生モノあれこれ。

男児3人を抱える我が家で、女子は私だけ!ということで、ひな祭りをお祝いすることにしました。最近一時帰国前だし告知が続いているのだけれど、書きたいことは色々あるのよ。そんなのも時間の許す限りさらりと織り交ぜてゆきます。今日はオランダで日本的なごはんのお話し。

スポンサーリンク

生の海鮮は手に入りやすい、オランダ

今日のちらし寿司には、いくらとスモークサーモンを、ということでスーパーへ。近所のアルバートハインとホーグフリートをはしご。ホーグフリートは、比較的移民向けの商品が多いので愛用しています。(白菜や大根もある)でも、昨日遊びに行ったインドネシア人の友達には「そんなところで買っちゃだめだ!ハーグに1つしかない、リドルまでいかないと!あそこは新鮮でしかも安いんだから!」と言われ、近日中に行ってみようと思っています。

スモークサーモンは、ちょうど割引販売中で、ひとパック2€!しかし、肝心の瓶詰のいくらが見つからない。いくらのないひな祭りなんて(という気分になってる)

庶民な我が家では、普段は高級食材には目もくれないので、今日改めて見て、近所の大型スーパーにはないことが判明。がっくり。

スモークサーモンやハーリング(ニシンの酢漬け)はどのスーパーでも手に入ります。生食可能。生ではないですが、SURIMIと言われる、いわゆる「カニカマ」も売っているので、巻き寿司には使えるかな。

夏の写真。ハーリングはこうやって食べるのがお作法です。

さらに、魚屋さんに行ってみました。

オランダの魚屋さん

魚屋さんはお値段が高いイメージがあるのと、あまり魚類を食べないので近寄ることはないのですが、この魚屋さんは鮮度も良いものがあり、先日は友人が「生食できる鯛があって刺身にしてもらった!」なんて言ってたんです。いくらがなくても、とびっこがあったような気がする・・・・と思って久しぶりに訪れたのですが

ここ、英語がほぼ通じないことを忘れていたorz

英語でサーモンの卵って言っても通じないし、オランダ語で言ってみても全然通じない。全く使えない、私のオランダ語・・・
おばあちゃん店員はサーモンのサンドイッチを薦めてくるw結局ひとりの店員さんが少し英語もわかって、私の思いを汲んでくれて、無事にいくらが見つかりました。

8ユーロのものと
6ユーロのものと
イミテーションの3,5ユーロのものが

いずれも50グラム。
間をとって6ユーロ、デンマーク産のものを購入。

ちらし寿司を作成

酢飯には、こちらで一般的なスモークしたサバを混ぜ込んで、上にきゅうりと卵とサーモンといくらをトッピング。オランダに来るまであまり魚介類は食べさせていなかったので、チビたちは初めてのいくら!

日本で見ていたものより小粒です。サーモンじゃなくって鱒の卵の可能性も?わからない。

チビたちは
なんだこれ、赤いつぶつぶがあるぞ

と、おそるおそる食べていました

飯切はオランダを去る友人からいただいたもの。後ろのお雛様は、次男作

割となんでも手に入る、オランダ

この地で、食材に困ることはないんです。中華もインドネシア料理も作れるし。和食的なものも材料は手に入ります。そうだなぁ手に入らないから運んでもらっているものは、くらこんの無添加(化学調味料不使用)塩昆布や良質の梅干しくらいかな。くらこんの塩昆布は2011年くらいから諸々の検査を厳しくしていて、気休めかもしれないけど、少し安全です。でも、まぁ、なくても良いものだけど、あると便利。今回の一時帰国でも買ってこよう。

あとは、繊細な日本のお菓子とか、そういうものはやっぱりたまに食べたいなと思うかな。美味しいかりんとうも運んでもらったりしました。

オランダで日本的なご飯といえば、先日chiik!で、鍋焼きうどんを家で作ったよ!という記事を書いています。うどんから手打ちですよ。こちらも是非どうぞご覧くださいませ。

今日のご飯は何にしようと迷ったら、シンプルな材料で子どもと一緒に簡単に作れる「手打ちうどん」はいかがでしょうか。海外在住ならではのアイデアも織り交ぜながら、我が家流の楽しいうどんの作り方・食べ方を紹介します。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク