実験。日本でも合法な、CBDオイル(カンナビスオイル)をクリームに入れてみた

手作りコスメキットなどを販売していますが、それ以外にいろいろ実験はしています。仕事じゃなくても、好きなのね、やっぱり。

スポンサーリンク

オランダらしい素材!大麻を使ってみる

といっても、CBD(カンナビス)オイルです。幻覚成分THCが含まれないので、日本でも合法。楽天などでも売っています。

オランダはマリファナが合法!といわれています。といっても、街中でジャンキーを見るわけでもなく、たまに臭い人がいるくらいで、すごい平和です。
でも、先日アムステルダムの通りを歩いたら、全部マリファナ屋さん(器具を売ってるの?よくわからない)ちょっとびっくりした。でも明るくて、全然怖くはないですよ。

マリファナの栽培や利用、所持について、一応細かい決まりはいろいろあるようですし、
法的にグレーな部分も多いようです。
たくさんの薬効があるといわれる大麻。幻覚作用を求めるとかではなくて、ハーブとして扱うなら、インフューズドオイル作るとか、とにかく色々できそうだなぁと思うのですが、そんな事情なので、栽培はしていません(笑)

こちらはサプリメントとして摂取できるもの。在住の方に教えていただきました。(Jさんありがとう!)イライラ防止という目的もありつつの購入です。4%と2,75%のものがあったのですが、含有量の低いほうでまずは試してみることに。

伝統の薬局で購入。スパイスやハーブがいっぱい。

オイルは、ショートトリップ先の、古くからある町の薬局で。友人が「ひとみさん好きそうだから」と案内してくれました。
ヴェレダやハウシュカはもちろんですが、たくさんのスパイスやハーブや、もう、よくわからないものだらけで大興奮。

こんな店内です。味があるでしょ。


これは、1930年の写真。ちなみに我が家も1929年の建物なのだ。

ハーグにも同様のお店があるので、ちょくちょく通おうと思っています。
CDBオイルについては、こんな薬局じゃなくても買えるのではないかな?と思います。
1日2-3回、15滴くらいまでを目安に少量から摂取。舌下に垂らして、1分ちょっとなじませてから飲んでね、と、オランダ語の説明書きがわからない私に店員さんが英語で説明してくれました。

さて、クリームにいれましょう

CDBオイルの効能は、ぜひ各自で検索してみてください。皮膚に関してはニキビや炎症系、沈静に良さそう。今回はとりあえずいつもの保湿レシピにいれることにしました。

今日は、みつろう、シアバター、スイートアーモンドオイル、アルガンオイル。

トラブルケアに使うなら、ヘンプシードオイルとココナッツオイルのブレンドとか、
ココナッツオイルだけのほうが目的にはあっているかなぁ。

クリームの作り方は過去記事にいっぱいあがっていますので、そちらを参考に。

美容クリームの素!万能レシピ!自宅で簡単に作れるナチュラルスキンケア用のベースクリームの作り方

CDBオイルは、粗熱をとった後の段階で入れました。75グラムに5滴・・・少ないです。

調査の結果、経皮からの摂取でも吸収はするってことだったのですが、高価なので、経口摂取したほうが良いよと言われていました。

高価な美容エッセンスを思えばとても安いのですが、いざ入れる段階になると、ケチケチしてしまいました。いつでも買えるのに。

結果、できていた吹き出物につけても、良くならなかったので、意味なし!という感じ。

まだまだ実験は続きます。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク