新春散歩。こらえきれず、植物からあふれだす光の話を

松の内もあけた頃、久しぶりに発熱。思えば熱を出す暇も心の余裕もなかったのかもしれません。父母が年末年始に初めてオランダを訪れてくれて、飽食の日々。きっと両親の顔を見て少しほっとしたのもあるんでしょうね。そんな自分も認めてあげなくちゃねぇ。

スポンサーリンク

冬真っ只中。日の出も遅いヨーロッパの冬

2017年はヨーロッパが大寒波に見舞われていて、各地で気温が下がり、南イタリアでも雪が降ったとか。幸いオランダはその波から逃れています。雨が降る日は暖かく、ちょっと体の緩みを感じるほどです。

とはいえ、子どもたちを学校に送る8時から8時半の間は、まだまだ自転車も灯火が必要なほど暗い。とにかく、朝が、暗い。


私は強い太陽の陽射しが苦手で、目も開けられないし、それに湿気や暑さが加わると動悸や耳鳴りを誘発するのですが、さすがにちょっと、太陽が恋しいなと思う気持ちが沸いてきます。冬至を過ぎ、これから明るくなっていくのが楽しみでなりません。

お散歩道の植物たちの冬

よくお散歩に行く、近くの市民牧場。冬になってからも何度も行っています。動物好きの母も連れていきました(笑)うれしそうだったー

市民牧場の、過去の投稿はこちら。10月の様子。

ハーブが身近な暮らし。ふらりとオランダの市民農園で遊んできたよ

日中でも、暗い。それでも子どもたちは元気に外で遊ぶよ。

ちょっと子どもたちから離れて、木とお話しするようにひとつひとつを眺めていくと、もう春の気配。

もう芽が膨らんでる。

実際に木の下を歩いてみると、体がポカポカするような、上から暖かさがやってくる。
わーすごいなぁ。生きてるんだぁ。当たり前だけど、木に触れなければ実感できない。

日に日に膨らむつぼみや、木の色の移り変わりを家の窓から眺めていても、あぁ春は近づいているなぁ、命があちこちにあるなぁと感じて感動する日々です。

お花も咲いてるよ

薄くてかわいいお花も咲いていました。子どもたちは可愛いものを見つけるのがうまい。

私たちの中にもある光を。 

目先の、というか、肌や目で感じる光ではなく、植物が内包する熱や光のようなものは、すごく勇気をくれる。きっとそれは、私たちの中にもあるから。

自分自身の体内に在る「ともしび」のような消えない光に意識を向けていると、あぁもっと頑張れるぞーって、思える。落ち込んだときにはお散歩が一番だね。
おうちには、チューリップを買いました。やっぱり、うきうきしてくるよ。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

海外からオーガニックの手作りアロマコスメを日本向け発送!アロマセラピーを学ぶオンライン講座も

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク