保湿が足りなーい。最近作った乾燥対策の自家製手作りアロマ化粧水レシピ

移住ネタの多くなってる昨今ですが、アロマやコスメ、植物ネタを求めていらしている方も多いはずの当ブログ。すいませーん。ぼちぼちやっていきます。

スポンサーリンク

近況報告という名の、言い訳(笑)

朝起きると「公園行こう!」という子どもたち。なかなか、自分の時間が取れなかったのですが、今週から次男も学校に行き始めました。・・・と、三男がべったり(苦笑)遊び相手がいないので、常にくっついています。それでも子どもが1人なら遊ばせつつ、コントロール可能。人数が少ないとそれだけ欲求の数も減るものね。
ビザの手続きも、移民局、そして住民登録のための予約も完了し(混んでいてずいぶん先なのですが)ちょっと先が見えてきてほっとしています。

アロマコスメに関しては、材料調達のめどが立たなかったのですが、時間を作って色々検索して、明日あたりには良質のスイートアーモンドオイルやヘンプシードオイル、みつろう、重曹やクエン酸なども届く予定。まだ、オーガニックの植物性BGだけが見つけられず・・・うーん。

精油に関しては、日本の会員登録をヨーロッパに移す手続きをようやく終えました。ま、2週間、催促のメールを送ったのに音信不通だったんだけどね、ヨーロッパ支社。日本よりもお安く、そしてたくさんの商品があるのでワクワクしています。ヨーロッパ圏でも欲しい方、試したい方、お声かけくださいね。

p_20160904_143709

乾燥が気になるヨーロッパの秋

湿度の高いアジアの暮らしの長い私たち。テンポラリーで日本に秋に滞在した時も「うわーお肌バリバリ」なんて言っていましたが、これからはこの乾燥地帯に住むわけですから、真剣に対策を考えなくては。
到着した頃は真夏。30度に達する日もあるほどで、乾燥し、日差しの強い日々。日焼け止めを塗り忘れた日もあって、ようやく薄くなってきたシミがまた濃くなってる(涙)ついたばかりは、頭皮も乾燥するのか、ふけみたいに頭の皮が剥けることがありましたが、1カ月以上経過してからはなくなりました。やっぱり28日で生まれ変わっているのかなぁ、皮膚。
今日は雨風の強い日でしたが、それでも潤うというまではいかず。フローリングの床も、ところどころささくれのようになってしまうところがあって、まるで私の肌のよう。子どもたちも乾燥でかゆいかゆいといい始めています。

14225499_1102369206523799_1453266800282617856_n
全身に塗るクリーム作る精神的にも材料的にも余裕がなくて、ココナッツオイルも固まっているし、オーガニックショップで95パーセント自然由来の原料(では残りの5%は?)のクリームを買って塗ったり、バリ島のボカシオイルを塗ったりもしています。でも市販品は香りが気になる。

そろそろ材料も届くので作れるぞー!ご注文希望もいくつかあるし。せっかくこんな乾いた気候のところにいるので、乾燥にばっちり効くものを開発します。

たまーに、肌断食もしながら。↓過去記事↓

素肌力をあげるために実践している6つのこと&自宅で作れるカソーダでシミとり!

今回作った保湿化粧水スプレーレシピ

化粧水を使うのは、湿度の高いアジア圏の人だけかも・・・という説の検証もしたいところですが、確かに乾燥地帯の方は化粧水を使わないのよね。バリでも「トナーではなくてローション」を探してる人が多い。ローションのほうが少しとろみのある保湿力の強いイメージがありませんか?

そこらへんのことはこちら ↓過去記事↓

自家製アロマ化粧水作り。そもそも、化粧水って使いますか?

自分の肌がこうやって乾燥して、実験してみると、クリームやオイル系のものでケアするだけではなく、「水」を使ってからクリームやオイルを使ったほうが、しっとりきめが細やかになる感じがしています。気のせい?いや、そんなことない気がする。

ということで、化粧水を作りました。やっぱりあるといいね。
自家製桂花(キンモクセイ)チンクチャー5ミリ
植物性オーガニックBG 5ミリ
甘草エキス 2ミリ
スパイクナード精油5滴
フランキンセンス精油5滴
ゼラニウム精油2滴
いただきものの、農園直アイダホブルースプルースのハイドロゾル90ml弱

台湾のオーガニック金木犀で秋のエネルギーをもらいつつ(といっても台湾だと春先に匂ってるけど)ちょっと落ち着いた香りとお肌の回復を助けるブレンドに。子どもたちも相方も、使っています。精油も満足するほど持ってきていないので、ちょっとづつ揃えて、よりよいものを作ろうと思っています。
ありあわせの材料でも、結構気に入ったものができたりしますよー。
容器は近所でかったプラスティックのスプレーで、望むものは(売ってるお店は発見したけど)まだ手に入らず。ま、のんびり行きましょう

P_20160529_162000
懐かしい。愛知での講座風景。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク