さいきんのおうちごはんinオランダ もうすぐ1カ月。

オランダ暮らしももうすぐ1カ月。まだ落ち着かないですが、子どもたちの習い事などもはじまり、「生活」「暮らし」が始まってきたなぁと実感しています。今日はめっちゃ主婦目線の、最近の自炊ご飯を再びご紹介いたします。

スポンサーリンク

お外で、ごはん

森でごはんを食べることがとっても多い。サンドイッチを作って、遊びついでにお外でごはん。ハムやチーズの種類も豊富だし、おいしいパンもあるので、お外ご飯はとっても楽しい。今日はエッシャー美術館の前のアンティークマーケットを冷やかしに行ったので、そこでお昼。

bos
これは、朝食を森で食べたときの写真なので、フリース着用。台湾茶付き。ここのところ暑い日が続いていますが、朝は結構冷え込みます。

teras
テラスで朝食も、最近は寒くて、そして運ぶのが大変なのでやっていなくて、もっぱら朝は室内でぬくぬく。寒いといってもまだまだ12度とかそんな感じです。

多彩な食材たち

先日同様の投稿をしたときにも、インドネシア料理風をアップしましたが、本当に世界中のものが手軽に手に入るオランダ。

我が家の自炊ご飯 オランダ生活10日

実は、そんな便利ではないことを想定して、台湾の麺とか、有明産の海苔だとか、有機の車麩とか、インドネシアの無添加のBUNBU(なんていったらいいんだ。香辛料ミックス的な。)も、納豆菌に麹にテンペ菌も、運んできたのですけど、全部売ってますね。こっちは(納豆もテンペも手に入る。車麩は未確認ですが)。
ワインもチーズもおいしくてお手軽で。
vin

デメター認証のワイン。チーズはこの日は3種類。ちびたちは、なんとブルーチーズが好き!

cuscus
お昼は野菜たっぷりで、オーガニッククスクスとか。

penne
スペルト小麦のペンネ。生クリームもオーガニックのものがあったりするので、ちょこちょこ買ってお料理に使用。

ワインもマッシュルームもオリーブオイルも麺も野菜たちも、ザワークラウトも牛乳もバターもマヨネーズもエスプレッソマシーンで淹れるルンゴまでも、全部オーガニックで揃えられる幸せ。なんだか飽食の日々。

ドライトマトだし

毎回更新を楽しみにさせていただいている、オランダ生活白書。ドライトマト出汁の記事をみてから、いつかやろうと思っていたのですが日本も台湾もドライトマトが高くて、1回しかできなかった。↓こちらのブログです。

オランダ在住ライターNaoko Kurataのブログです。北アフリカ⇒スコットランド⇒2015年夏オランダへ!。お仕事の依頼は、aberdeen.nihongo(a)gmail.com までお願いいたします。
こちらに来たら、ドライトマトがやっぱりお安いので、おだしはドライトマト一本です。日本食材も中国・韓国食材も買えるので、干しシイタケや昆布も手に入るのですが、できるだけ土地のものを使いたい。

suiton

これ今日のごはんですね。すいとん、ナスの生姜焼き、もやし炒め、ほうれん草のお浸し。仮の住まい、食器も全部ついているのですが、もちろんお茶碗とかないので、最近全部ワンプレート。久しぶりに和な感じでした。

men2

麺その1 これは醤油味にしたんだけど、いまいち。マッシュルームの香りが強かった

men

麺その2 これはドライトマト出汁と塩のみでベースのスープを作って、鳥のひき肉と生姜とポロネギかなんかをちょっと炒めて汁っぽく煮たものとあわせて汁にしました。麺を台湾のひやむぎみたいな麺にしたけど、中華麺にしたら塩ラーメンとしてイケると思う。これはおいしかった。

ドライトマト出汁をとったあとのトマトを水切りして、小さく切ったものを、つぶしたにんにくと少しのお塩と一緒にオリーブオイルに漬けているのですが、これがまたおいしい!
パンやライスクラッカーに、ジャガイモやアボカドなんかにもかけています。再利用~主婦の知恵!

太ってきているのではないか

子どもたちの食欲はすごくて、毎朝「ママーおなかすいた!!!」の声で起こされています。私も「おなかすいてないんだけどなー」と言いながら作って食べてる。体重計がないのだけど、たぶん1キロは増えてるだろうな。相方に関しては、目に見えて太りました。家が決まったら、体重計は買おうと思っています、マジで。。。

バリ島時代は、暑さに弱い私は全然太れなくて、46キロ以上に体重が増えなかったのですが、涼しい台湾の冬に飽食の日々を過ごしたせいで少し増加。日本ではなんとなく維持できていたのですが・・・・涼しい&おいしいのは、確実に増加します。以前は冬には50キロを越えていたので、今年の冬は、久しぶりに脂肪を蓄えることになりそうです。いいんだ。体力さえあれば。(この時より顔は丸いと思うよ)

tumblr_oa2s8lRpct1vq55cso8_540

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク