本場フランスからやってきた、私にぴったりのお土産とは?

夏が戻ってきた欧州。デンハーグも30度を超え、強い日差しの日々。仮の住まいは幸いなことにエアコンがついているのですが、バスは窓も開かず、エアコンなし!厳しいですー。

スポンサーリンク

南フランスのお土産に

先日、演奏のために南フランスを訪れた相方。楽器が重い人なので、いつもお土産は期待しないで待っている私と子どもたち。今回は、素敵なお土産を持ってきてくれました。

それは、もぎたてのおいしーいプラムと、プロバンスのハーブたち!

P_20160817_160636

まさに今が食べごろ状態のプラム

木で完熟したプラム。ほんっとうにおいしそうで、ぜひ子どもたちに食べさせたいと思って持ってきたそう。(写真なし)最近スーパーで、プラムが売っているのをみて横目で「あれは梅干しの代替えになるんじゃないか」とか考えていたのですが、スーパーのものは買う気が起きず。お土産のプラムは、もう、熟れ熟れで本当に甘くてとろけそうでした。

plum

4つくらい、移動で潰れてしまっていて半分ジュースのようになっていたものも、もったいないからジャムに。オーガニックのお砂糖と白ワインをちょこっと入れて、レモンがなかったので、手元にあったレモンバーベナで香りを。朝のパンやライスクラッカーのお供になっています。

本場プロバンスのハーブたち

アロマを扱うものとして、フランスは憧れの地。今回旅にでる相方にも、「隣がラベンダー農園だったりしたら、もう2泊くらい延長して仲良くなってきていいからね!!」と何度も念を押したほど、行きたい場所。

lavender

オランダにきて、道端の植え込みに、大量のラベンダーがわさわさしていることが多くて、とっても嬉しくて。せっかくヨーロッパにいるのだから、あちこち回っていろいろな生産者さんに会ってみたい。それも夢のひとつです。

そして今回のお土産。フレッシュハーブでした。

P_20160823_163937

この写真は、電車で半日揺られ、その後2日乾燥させた状態なのだけど、帰宅してもらったときはまだまだフレッシュでみずみずしくて。その美しさと生命力の強さに、うるっとしてしまうくらい、素晴らしいハーブでした。さんざん、あちこちで見てきたハーブだけど、こんなすごいの、見たことないわ。

その土地の風土にあって、一般的に人々に昔から取り入れられていたであろうハーブ。こんなに力強いんだ

私、本当にハーブのこと、何も知らないんだ。
今までの私が見てきたハーブとは、全く別ものだ・・・
ショックというよりも、これからこういったハーブにたくさん触れていけるのだということに気づき、感動して嬉しくて。

やっぱりさ、その土地のもの(原産じゃなくても長~くあるもの)っていうのは、いいねぇ。

P_20160823_163942

ローリエ、ローズマリー、レモンバーベナ、セージ。

レモンバーベナはハーブティに。セージとローズマリーはお料理用のハーブソルトと、チンクチャーにしてみようかな。ローリエは、毎日のお料理に。そうそう、ここ数カ月のうちに、上質のローリエ(ローレル・ベイリーフ・月桂樹の葉)をいただいたのが、2度目。これは・・・・何か意味があるに違いない。と思って、月桂樹の学びを深めています。

勝利の象徴であり、直観力や夢見などに関係するいわれのある葉。新しい土地で生活を立ち上げていくのに、心を落ち着けて、鋭い直観力でいろんなことを見抜いて、そして自信をもって突き進んでいく火のような力、必要だな、確かに。そしてギリシャ神話では芸術や音楽をつかさどる、アポロンの頭にのった冠のイメージ。私に月桂樹の葉をくれたのは、ふたりとも、芸術畑の人。

相方は、台湾の山の帰りに(確か自然農法の茶畑に行ったとき)自生しているシナモンリーフをもらったこともあって(ドライにしたものをオランダにも持ってきてる)彼は私によくクスノキ科の葉をくれる傾向にあるようです。

どこにいても、必要なものは必ずやってきたり、すでに手元にあったりするものだね。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク