デンハーグからロッテルダムとデルフトにお出かけしてみたよ。

オランダについて2週間。ずっとデンハーグで家探しをしているのですが、ほかの町の雰囲気も感じてみようと、お出かけしてきました。
NS

最近は自転車移動が多くて、バスやトラムに乗ることもだいぶ減ってきました。ロッテルダムまでは鉄道で!鉄道に乗るのは初めてです。4歳から11歳は2.5€で一日乗り放題券が購入できました。長男と大人は、スイカのようなカードにチャージをして(20ユーロ以上の残高がないと乗れない)乗車。ロッテルダムまで30分余り。片道5€弱。あっという間です。

ロッテルダムについてからは、最初の目的地に向かってバスで移動。エラスムスのトンネルを越えて。ついた地域は、なんだかゲットーな地域。といっても天気のよい日中。人に話しかけられたくらいで危ないことはありませんでした。夜は歩きたくないなぁ。

台湾やバリでは味わうことのなかった、久しぶりな雰囲気。昔、ハーレム(これはNYのです)に一人で行った時の緊張感を思い出しました。ちびたちは、全然気にしないで、もくもくと煙にまみれているお兄さんたちの近くで平気で奇声を発して遊んでいました。

P_20160817_121637
そんな地域だけど、織物と染物のお店をみつけたよ

P_20160817_133457

字がわからないので、駅かと思って入ったら病院だったという、寄り道を絡めつつ、メトロにも乗ってみました。

P_20160817_142004
ガイドブックでよく見るやつだ!変な家!
P_20160817_142127
巨大マーケット。おいしいジェラートとフリッツ(フライドポテト)でおやつ。トイレはひとり0.8€。0.5€のところが多いから、若干高いですな。

P_20160817_144930

平日の昼間なのにすっごい混雑。土日はもっと混むのかなぁ。結構観光客っぽい人もいました。普段の生活では見ることのない日本人を見て、ちょっと新鮮。風に当たらずにゆっくり買い物をできるのはよいね。オイスターを見て、目が♡になってしまった。

P_20160817_144942

サラミ?干したお肉。スーパーでも売っていますが、こちらは味見販売していました。

ロッテルダムは都会で、アパートメントなども、100戸以上はゆうにありそうな、大型のものが多かった。デンハーグのこじんまりした感じに慣れてしまった私たちには、広大な街だ!自動車の道路も広く、ロッテルダムに住むなら車があったほうが便利なのかなぁという印象。

いい天気だし、思いのほかロッテルダムは早く切り上げられたので鉄道を途中下車してデルフトへ。

古都という言葉に弱い私たち。長男もすごく気に入った様子。

P_20160817_161102

運河を通るボートに興奮し、地盤沈下でめっちゃ斜めになってる教会を見て感動し、アンティークのお店や陶芸のお店ぶらぶらしながら楽しみました。

P_20160817_160620
これは新教会のほうね。曲がってないです。

途中、13キロくらいの体重の三男が寝てしまい、手で抱っこ。暑いし、すごい修行だよこれは。それなので、デルフトの写真は全部長男が撮影してくれました。

P_20160817_160636

しかし美しい。いいなー。ここなら住むのも仕事もしやすそうだなー。このこじんまりした感じがいいなー

P_20160817_163446

そんなことを思って、近くに森があるか(重要)、不動産情報、学校情報も調べたり(イエナプランもヴァルドルフスクールもありました)しています。ただ、トランジションスクールというか、レセプションスクールというか、オランダ語が話せるようになるまでのサポートシステムが、ネット上では調べきれない。我が家はインターに入れるつもりがなく、ローカルスクールの、できたらシュタイナーかイエナプランと思っているので、ここが重要だったりします。物件自体はやっぱりデンハーグと比べると少ないですね。価格も変わらない

デンハーグに帰ってくると、この静けさとハーグの森が、いいんだよなぁ。

ということで、縁あってたどり着いたこの町で、いいご縁を待つのがいいのかな。いやいや、待つだけじゃなくて、毎日不動産屋さんにメール攻撃と電話攻撃を行っていますよ。4月にバリからオランダに戻ったオランダ人の友達も、まだ家が見つからないと行っていました。先日知り合った日系の方も、下見に来たときは不動産の空きがいっぱいあったのに、今回は厳しいとおっしゃっていて、時期によってもあるのでしょうね。

ほかの町の雰囲気も感じてみたいので、また明日にでも?ほかの町に遠征予定です。うふふ。楽しいね、旅は。

3軒目になる「家が決まるまでの仮の住まい」に引っ越しも完了。数日後から相方は南フランスに出張。

まぁ、今月中に、落ち着くでしょう。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク