オランダの葉っぱ、野草たちの話。

オランダにいて感じるのは、「放置されているようでも、木や草が敬われてる」って感覚。愛されて、大事にされているんだなぁという印象があります。相方も同じことを言っていた。

いま住んでいる家の裏はBOS(森)で、嫌みのない程度に手入れされ、人も、子どもも集えるようになっているけれど、それでも森。
生活の中にある森、という感じで、程よくて結構気に入っている。今朝もサンドイッチとお茶道具を持参で、森で朝食。

子どもたちを遊ばせている合間に、そこにある野草を見たりしていて

P_20160812_123642

来年の初夏が楽しみなベリーと、よもぎ。日本のものよりちょっとおでぶちゃん。子どもたちもにおいをかいで「あーヨゴギだーーー(なぜか音が濁るw)」と喜んでいます

P_20160812_124452

食べられるものには目が輝く

P_20160813_110629

ゴッコラ(ツボ草)もあるし

P_20160812_124345

これはなんだろ。海の近くの雑木林にて。リースにしたらかわいいね、きっと。アザミもいっぱいあるし、コンフリーもタンポポもオオバコもあります。この感じだと春には土筆が出るだろう。

土がふかふかで、青いどんぐりなんかもおっこちてて、シカの糞もある。あぁ楽しいなぁ。平地だけど山の民の血が騒ぐ。

FBの某ハーブ系英語コミュニティでオランダといえば、、、な、万能と名高い例の草を使ったクリームのレシピを発見して、草の栽培について調べてみましたが、一応、表向きに、栽培は禁止されているようです。たしかに、あれをクリームにしたら、効くだろうなぁとは思うのだけど。まぁ、シードオイルくらいにしておこうか。

13921051_1072757246151662_829890337466602924_n

この野草たちが、きっと冬には枯れてしまうのだろうし、採取はいまのうちがいいのかもしれないなと思いながら、まだ土地の感覚がつかめず(除草剤とか大気の汚染とか)採取はしていません。制作については、まずは材料の調達先からだなぁ。自分たちのお肌ががさがさしてるから、早くクリームをつくらなきゃとは思ってる。

チャイナタウンで漢方も手に入るし、良くも悪くも物にあふれているので、あまり不便はなさそうです。

13880225_1072757429484977_7517902780905046483_n

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク