とある日の我が家のおうちご飯レシピ。 日本 6月。

一時帰国中、実家にお世話になっている私達。実家の父母はお仕事が忙しく、帰宅が早くても7時半すぎ。それなので、実家滞在でも、ご飯作っています。今日は、とある我が家のご飯をご紹介します

スポンサーリンク

こんな感じ

P_20160628_181112

ゴーヤチャンプル
ごぼうのから揚げ
きゅうりとなすのもみ漬け
トマトとコリアンダーのまぜまぜ

実家(の父)は肉食なので、お肉しっかりです。これにご飯と、大根の葉っぱを炒めたふりかけとか、紅しょうがとか、ちょっとした箸休めを。

ごぼうのから揚げ

台湾で半年以上、揚げ物をしなかったので、揚げ物ができる喜びをかみ締めています。

ごぼうのから揚げは、ベジタリアン時代にもよくしたメニュー。
P_20160628_181118

拍子木型に切った牛蒡をお酢に浸してあくを抜き、しょうが、にんにく、おしょうゆに1時間ほど漬け込む。水分を切ってから、片栗粉を薄くまぶして、ごま油で揚げます。お塩や七味をまぶしたり、マヨネーズをつけても。

ゴーヤチャンプル

懐かしい沖縄の味。ゴーヤをみて、つい嬉しくなって、製作。

P_20160628_181135

わたをしっかりスプーンでとったゴーヤをカット。軽く塩をまぶしておきます。木綿豆腐は水切りして手で小分けにする。豚の細切れも一口大にカット。ごま油で全部をいためて、塩としょうゆで調味して、卵を加える。

きゅうりとなすのもみ漬け

初夏の味!

P_20160628_181128

きゅうり1本、なすを1本スライス。大葉3枚とみょうが1個を細切りに。塩小さじ1杯くらいとあわせて揉みこむだけ

トマトとコリアンダーのまぜまぜ

これは、バリ時代に冷蔵庫によくストックしていたもの。なんだか体が重いのでパクチーでデトックスしたくて久しぶりに作りました。麺に載せたりご飯にかけたり(タコライスに)して使います。

P_20160628_181142

たまねぎ1/5とトマト2つ、パクチー2株を全部みじん切り。塩をあわせて混ぜる。冷蔵庫で数時間なじませて完成。バリや台湾のときは、たまねぎではなくシャロット(赤小たまねぎ)で作っていました。そのほうが味に深みがでるかなぁと思います。

手間無しおうちご飯

安全な外食をするのに、とっても気を使う日本。近くにあるOKというスーパーが、わりとしっかり産地や工場の表示がしてあるので、加工品やお野菜を購入する場合は利用しています。お野菜はできるだけ産直のものを。父が西に出張にいった時に買ってきてくれたり、今日も熊本から、ご縁のある方の育てた無農薬お野菜が届きました。あとは、義父が育てている有機お野菜をいただいたり。

おいしいお野菜だと、簡単な調理だけで美味しい!お料理も楽しくなります。そんなに手間のかかることはしないで、毎日ご飯を作っています。旬のものをいただけるのは、本当に幸せ。

hotaru

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク