じいじの畑で。子ども達は野菜が大好き

一時帰国時の楽しみのひとつは、じぃじの畑。日本に戻ってきて1ヶ月で、もう何度も、畑に収穫に行っています。

スポンサーリンク

じぃじが退職後がんばっている有機農業

畑をやっているのは、相方のお父さん。もともと畑をやっていたおうちのようですが、退職後、有機でがんばって野菜作りをしています。夫婦でジムにも通っていて、とても若々しい元気なお父さんです。
堆肥も作ったり、耕作面積も試行錯誤しながらすすめている様子。軽トラに乗って、あちこちの畑をみせていただくのが、私も毎回楽しみです。
P_20160614_160405 (640x360)

栗の木の下で、軍手をつけているところ。

野菜好きの子ども達。畑で収穫したものは、さらにもりもり食べます

我が家の子ども達は、野菜大好き。バリのときは、ほぼオーガニック農園で収穫したてのものを(買うときに収穫)食べていたし、台湾でも高いけれどオーガニック素材にこだわったり、畑の農作物をいただいたこともあります。最近ではまんべんなくどのお野菜も食べてくれます。

にんじんを切っていれば横から手が出てぼりぼりぼり。ほうれん草や小松菜などの葉物も、本当によく食べます。トマトはフルーツだと思っているし、おやつにきゅうり1本!といったら、「やったー!」と踊り、喜びます。じぃじの畑のお野菜はなおさら。本当においしいんです、じぃじのお野菜。

P_20160614_160633

土に触れること。野菜を育てること

一時帰国で短期の滞在ですが、色々な生産者さんの話を聞く場所に連れて行くことや、畑の収穫を手伝うことは、子ども達のためになっているなぁと感じます。自分が食べるものがどこから来ているか。作っている方の苦労。土を触ることで、優しくなっていると思うし、普段ならすぐに投げ出してしまいそうなことも、一生懸命やれてる。これは畑効果だと思う。

ひぃおばあちゃんが、「畑なんて連れて行ったらダメだ、危ないって言ったのに連れて行っちゃった」と私に言った。先日の恵泉の授業で、澤登先生が「農村部ほど畑に触れる機会がない/教育的な意味を知らない」とおっしゃっていたけど、お年寄り世代は、そういう傾向があるのかもしれないな。畑があって土に触れている人たちは、素晴らしいのに。その自分達の素晴らしさを知らない。「本当に喜んで、楽しんでやっているのでありがたいのですよ。大事なことです。」とお伝えしたのだけれど。

P_20160613_140850 (800x450)

畑に、おうちのお手伝いに、暮らしていくことが楽しい子ども達。素晴らしいことです。じぃじにも恵泉女学園大学での、先日の講座で聞いたお話をして、資料をお渡ししました。農が教育にもたらすもの、とても興味をもってくれました

一時帰国時に楽しみにしている、日本のオーガニック業界やシュタイナー関連の講座。今回は、有機農園での実習を全学科必須科目にしているという、恵泉...

P_20160614_160611 (640x360)
ネギも全部根を切って、剥いて、綺麗にしてくれた。

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク