甲状腺のバランスを整えるにはグルテンフリーがいいらしい

昨日は甲状腺にアロマを塗ってみようかな、という投稿をしました。今日もすっごい暑い!多分30度超えてる台北。こんな日には血液が泡立つ感覚。

スポンサーリンク

小麦粉を断つ、グルテンフリーという選択

昨日の投稿を読んだ方から、甲状腺の手術をした方からの情報が。甲状腺の疾患にもいくつかのタイプがあって、橋本病などは小麦粉を控えると改善したケースがあると。

グルテンフリーについては、第一人者である、大好きなヤスミン先生こと、陣田靖子さん。元長男の学校の保護者先輩なのだけど、通学時代には関わりあいが全然なく、バリ島でお会いしたり、Facebookで繋がったり、大好きな方です。

フェイスブックの投稿や、実際にお会いしてお話を聞いたりすると、やっぱりすごく興味がある。チャンスがあったら講座を受けてみたいと思っています。
ヤスミン先生のサイトです。

yasming’s kitchen

【追記】その後、ヤスミン先生に会いに行った話はこちら

デトックス&グルテンフリー ヤスミンさんこと、陣田靖子先生のお話会にいってきたよ

現代の欧米諸国で増えている、セリアック病の原因がグルテンアレルギーだということで、健康志向の方などはグルテンフリーの選択をする人もいます。
セリアック病も自己免疫性疾患ですな。

大腸麺線

過去にバリ島で、グルテンフリーの生活を送った実感

バリ島に住んでいるときに、意識的に小麦を摂取しないで生活したことがありました。インドネシアは米どころですし、おやつも米粉を使ったものがたくさん。あまりストレスなくグルテンフリーな暮らしができました。
グルテンフリー実践中は、確かに、アレルギー反応も軽いし、お腹の調子もよいし、全般的に体調が良かったです。それでも、食べ始めると(これは、食べつけると という言葉を使いたいところだな)小麦を使ったフードをセレクトするようになってしまう。ずるずると、カフェでバーガーを頼んだり、ベーカリーでパンを買うようになってしまう。これは砂糖と同じだなー。知らず知らずのうちに欲して、食べてしまうという。

食べたもので人が作られるのであれば、小麦は「ふわふわ・すかすか」とした雰囲気だ。人間としては「どっしり・もっちりと」した人がいいなぁ。というところは、やはり日本人というかアジアな人なんだなぁと思うのだけど。

お肌も確かに、グルテンフリーの生活をしたほうが、綺麗になります。これは確実。

ワンタン

それでも小麦の魅力には敵わない。代替案はあるのか。

今日は画像を、台湾の美味しい小麦粉たちにしてみました(笑)これだけ美味しい小麦粉ものがあるのになー。食べないのは辛いなー。

アジア圏の場合は、スペルト小麦(古代小麦。これだとまだ身体への負担が少ないという説もある)というセレクトは難しい。
麺系の料理の「楽さ」というのもありますね。一品で済むし。
体調不良が続くようなら、やっぱりちょっと意識してみようかな、と思います。

12036431_897620500332005_7166934641993616298_n

台湾を出てからね(笑)
小籠包

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

海外からオーガニックの手作りアロマコスメを日本向け発送!アロマセラピーを学ぶオンライン講座も

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク