精油一覧/眠れない・パニック・炎症・殺菌・呼吸・臭い・むくみ

今回の地震で被害にあわれているかた。
まだまだ揺れの続く中、眠れない夜を過ごされた方も多いと思います。
ほんとうに、ほんとうに、どうぞ、ご安全に。

5年前。東北大震災の時に、神奈川県と山梨県の境に住んでいました。当時4ヶ月の次男と、1年生がいる、子育て中の震度5強。続く揺れと、ネット上で流れる放射性物質関連の情報とで、心が圧し潰されそうになったことが、蘇ってきます。
そんな時にサポートしてくれたのはアロマ。できるだけ、一般的な精油でコンパクトに作用をまとめます。オフラインでも見られるように、スクショで保存して、役立ててください。

スポンサーリンク

災害のときにアロマを使う時の注意事項

アロマポット/ディフューザーは絶対に使用しないこと

精油は油です。可燃性です。揺れの中ろうそくを使うこと、また電気を使用することは火事の発生に繋がる危険も。ボトルから直接香りを嗅ぐようにしてください。

不安定な心身の状態から、普段アロマを使い慣れない方は肌につけた時にアレルギー反応がでたりする可能性もあります。アロマを使ったマッサージは一段階落ち着いてから。使い慣れた方は、使い慣れたオイルを使用するとよいでしょう。

人と声を掛け合い、ふれあうことが心を落ち着かせます。背中をさする、手をつなぐ、二の腕をほぐす。アロマを使わなくてもマッサージはできます。お年寄りやお子さんにしてあげてください。落ち着きます。

避難所など限られた場所では、香りが嫌な方も多いです。香りを嗅ぐ場所にも気をつけて。

香りは大脳辺縁系に届き、本能を刺激します。続く揺れで、判断が鈍って来たとき、何も手に付かなくなってしまったとき、どうしていいかわからなくなってしまったとき、何でも良いから臭いを嗅いでみてください。

気が張ってしまって眠れない時に使えるアロマ精油

オレンジ、ラベンダー、シダーウッド、サンダルウッドなど。

パニック、過呼吸などを鎮静させたい時に使えるアロマ精油

オレンジ、イランイラン、ラベンダー、ベルガモット、フランキンセンスなど

凝りや腫れなど「炎症」を落ち着かせる時に使えるアロマ精油

カモミール、サンダルウッド、パチュリ、パイン、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー

むくみが酷い、エコノミー症候群になりそうなときに血流を良くするアロマ精油

サイプレス、グレープフルーツ、ジュニパー、レモンなど

傷の殺菌、空間の臭いなど「菌の繁殖を抑える」作用のあるアロマ精油

レモングラス、シトロネラ(この2つは蚊除けにも)、ベルガモット、ユーカリ、ラベンダー、ティーツリーなど

寒さ、冷えが強いときに身体を温める作用のあるアロマ精油

シナモン、ジンジャー、ローズマリー、オレンジなど柑橘系のオイル

呼吸が浅い。息苦しい時に使えるアロマ精油

ティーツリー、ニアウリ、カユプテ、ユーカリなどフトモモ科の香り
足元の揺らぐときは胸を開き大地に足をつけるためにティーツリー精油が良いです(グラウンディング、生命力の強化)

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク