自然派日焼け止めを考察してみる。自作でアロマ日焼け止めレシピ!その2

昨日に引き続き、日焼け止めの話題です。

一気に春、いや、夏がやってきた台湾!強い日差しに、クラクラしてしまいます。冬の間使っていなかった日焼け止め、そろそろ必須の季節がやってきまし...

昨日はマニアックな考察ですいませんでした。
今日は、おうちで簡単に作れる、お肌にできるだけ負担の少ない日焼け止め、作り方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

日焼け止め製作、現状での最良案

昨日の投稿では、

◯紫外線反射剤のみを使用
◯できれば酸化亜鉛を多めに
◯酸化チタンは使うならコーティングされているものを。ただし何でコーティングされているかはチェックが必要
◯ナノ化されたものは使わない
◯帰宅したら、すぐに洗顔して肌上での活性酸素の発生を最小限に

ということで、まとめてみました。
これを踏まえて、製作をしてみます
spring has come

材料

*クリームベースの材料
キャリアオイル10g
みつろう5g

*紫外線反射剤
酸化亜鉛
酸化チタン
合計で10-15%程度。商品により異なります

*お好みのエッセンシャルオイル 4−5滴

*キャリアオイルについて
昨日の投稿でご紹介した、「日焼け止め効果のあるキャリアオイル」を使うと良いでしょう。ココナッツオイルの場合、融点が25度くらいなので、他のオイルと少し混ぜたほうが安定しやすくなります。必要に応じて、ビタミンE、トコフェロール、などのコスメ用の天然の酸化防止剤を少し入れるとよいと思います。

*紫外線反射剤
酸化亜鉛のみでも製作可能。ただし、質感が悪くなるのでSPF値を高くできず、お肌も乾燥します。粉の含有量=SPF値ですから、たくさん入れれば入れる程SPF値は高くなります。市販のサンスクリーン剤は、「たくさん配合してSPF値を高く、かつ使用感を良くするために」たくさんの添加物が入っています。たとえば10%(これだってSPF15くらいとかの日焼け止めレベル)だと、15gのクリームに1,5g入れるのですが、この軽い粉末で1,5gって、結構なカサがあります。

酸化チタンも含有するの場合、ナノだけどセリサイト(絹雲母)でコーティングされている自然化粧品研究所のものを選ぶか、ナノではないけど、水酸化アルミニウムのコーティングのmondaymoonのものを選ぶか(微粒子のものも色々あります)
日本の場合は、選択肢はこの2つかなぁ。もっといい素材を扱っている方もいるかもしれません。探してみてね。生活の木のものは、コーティングの有無なども書かれていないんです。ここいらは、それぞれのご判断でどうぞ。

*エッセンシャルオイルについて
ここで選ぶべき精油は

◯光毒性のないこと(柑橘系はNG)
◯紫外線反射剤でおこる乾燥をケアする作用のあるもの
◯毛穴を引き締める(収斂作用)、血行を良くする、皮膚を柔らかくする(皮膚軟化作用)作用のあるもの。

サイプレス、サンダルウッド、ベンゾイン、シダーウッド、ゼラニウム、フランキンセンス、バチュリ、ペパーミント、ローズマリー、レモングラス、カモミール、ジャスミン、ラベンダーなどなど。

日焼け止めは、お出かけ前に、また化粧下地などとして使うこともあるので、収斂作用のあるものを使うと、汗の分泌もおさえ毛穴も縮めてくれるので、お化粧ののりも良くなりますよ
あとは、やっぱり元気がでる、朝のやる気が出るような香りがおすすめ♡

作り方

【1】道具や容器の滅菌(煮沸やアルコールなどで行います)
【2】耐熱性のカップにミツロウとキャリアオイルを入れる
アロマクリーム作りhitomiarai.info
【3】湯煎にかけて溶かす
アロマクリーム作り
【4】粗熱を取ったら、耐熱性のジップロックへ
汚さずにまんべんなくクリーム状にするのはこの方法がおすすめ
みつろうクリーム
【5】紫外線反射剤と精油を入れる
酸化チタンや酸化亜鉛を計量。落ちにくいので使い捨てで紙を使用
酸化亜鉛
【6】よくまぜて、ジップロックの端を切り、容器へ
hitomiarai.info
【7】完成!
ご自宅で製作した場合1ヶ月を目安に使い切ってください。常温で日の当たらないところに保存。
sunscreencream
お肌はひとりひとり異なります。違和感のある場合などは、ご使用をおやめください。ちなみに、このブログに出ているレシピ類の著作権は私にあります。ご自宅で作られるのは良いですが、これらのレシピを元に製作して販売するなどはおやめください(日本の場合、手作りコスメの販売や譲渡は薬事法違反になります。私は海外で製作して雑貨の並行輸入という形で販売しています。一応、法律はそういうことになっていますのでご注意を。)

me's organic

手作りコスメへの想い。

たくさんの物質が入っているものは、それだけ、アレルギー反応の危険性も高まります。私は、出来る限り原料から自分の手元で、そしてキッチンで作れるものを、と思って製作をしています。その中で、紫外線反射剤というのは、「自宅では作れない物質」です。だから、すごく、気になる問題。それなので、前回、今回と、掘り下げてアップしてみました。日本の日差しなら、「日焼け止めをつけない」という選択もあり得るけれど、南国だと、やっぱりそうはいかないんです。

もし、手作りコスメと同様の効果を求めてオーガニックメーカーの良い商品を購入したら、かなりお金がかかるので、自家製コスメは、実際にはすごく、「お得」です。すごく安く、効果の高いものができます。ブログタイトルだって、本当はそういう金銭面からのアプローチにしたら、アクセスだって集まると思うよWしかし、そういうことではなくて、自分の身の回りのことに責任をもつこと、自分のエネルギー(お金もそうだ)の使い方や、家族の健康について、もっというなら、地球の環境問題について、どれだけ能動的に取り組むか、真摯な姿勢で取り組むか、という切り口から、私は手作りコスメを奨めたい、と思うのです。

「良くない」日焼け止めは、海の生き物にも影響を及ぼします。私たちのセレクトが、地球環境を変えるんだよ、マジで。

bali sea

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク