花粉症・アレルギーの時に使うアロマの話++

今日は寒い台北。ここ数日下り続ける気温で、室温との差と雨が原因で
窓が結露したり、ちょっと落ち着いていたカビが発生。カビをやっつける作用のある精油で拭き掃除。すっきりです

かびをやっつける(抗真菌作用)精油はこちらの投稿で紹介しています

コンクリートのマンション。 コンクリートに溜まった冷気と室内、そして屋外の暖気で、タイルの床や窓、壁が汗をかいています。窓も二重ガラスなん...

かびも立派なアレルゲン。

スポンサーリンク

我が家の花粉症患者たち

私、相方、そして長男がアレルギー体質。

相方は杉花粉がとても酷いタイプ。私は杉花粉があるけれど、杉よりもヒノキの花粉のほうが酷い。それとカビアレルギー。

長男は日本にいる時(7歳くらいまで)に、杉花粉症は発症していませんが、カビや大気汚染のアレルギーが。

相方の杉に対する反応は本当に酷くて、杉林のすぐそばに住んでいた時と、4月に吉野杉の産地に行った時はアナフィラキシーショックのようになったことも。

なので、2−4月、杉花粉の時期の日本のお仕事はお受けしていないのが現状です。

体験したことのある一般的なケア

私は中学校1年生の学年末テストの最中に杉花粉症を発症(笑)
今でもあの瞬間は忘れることができない。

それから、家族で通っていたクリニックで1月の終わりから、抗アレルギー薬を出してもらい
予防に、そして花粉症時期も飲んでいました。

目薬も欠かせなくて、コンタクトは使えないからメガネ。
帰宅するとすぐに、目の洗浄。

授乳中は、鼻の粘膜を焼く治療を耳鼻咽喉科で。

ナチュラル暮らしに変更してからは、甜茶やべにふうき茶に効果を感じていました。

夏を過ぎてから、食事に気をつけて、砂糖、油の摂取に気をつけた年の春は
比較的症状が和らぎました。

鼻うがいと目の洗浄は、塩番茶で。

ネティポットはあると便利。

三年番茶はどの国にいても必須。バランスを整えてくれます。

今?
もちろん、日本には近づきません。でも、ヒノキがあるからか、朝窓を開けるとくしゃみをひとつ。PM2.5もあるし、出かける時にマスクは欠かせません。

これはバリ在住のAさんが作ってくれたもの。
今回も買ってきました♪

リップスティックの痒み止め

長男は、かゆさの我慢が出来ないタイプ。ずーっと気にして、搔き壊してしまったり
うきーーーー!って爆発してしまうことも。

それなので、リップスティックタイプの痒み止めが欠かせません

以前の投稿に作り方、おすすめの精油を書いてあります。

昨日はバリ島へのフライトのトランジットで父母が台北へ。雨の中ですがあちこち出歩いて、楽しい日でした。 先日、リップクリームを作ったので...

ティーツリー、ユーカリ、カモミールジャーマン、ラベンダー
お肌の赤みや荒れの激しい場合は
サンダルウッドやフランキンセンスなどもおすすめ。

特に抗ヒスタミン・抗アレルギー作用のある
カモミールジャーマンは、むずむずの時期におすすめ。

今回の長男くんの青いリップクリームver2は

カモミールジャーマン2滴
スペアミント2滴
ペパーミント1滴

で、濃いめで製作。

キャリアオイルは、すでに日によっては28度くらいまで気温があがる台北なので
ホホバオイルをメインに、殺菌抗炎症作用のあるココナッツオイルを少々。
(ココナッツオイルは24度くらいで液体になります)
20160101_105124

リップスティックタイプだと、鼻の中にも下にも塗ることができるので、便利♪

精油で肝臓と血液のケアを

サイプレス、レモンのオイルをキャリアオイルで希釈して足裏に塗布したり
肝臓のところをマッサージしたり。

他にもローズマリー、ジンジャー、バジルなどの精油も肝臓と血液をサポートしてくれます。

良質のお水や白湯を飲むこと
食事にも気をつけて、身体が酸性に傾かないように
注意をしていくとよいかなと思って実践しています。

漢方だったら小青竜湯が一般的でしょうか

おまけに簡易空気清浄機

Twitterで話題の簡易空気清浄機。バケツに水を張って、それに扇風機の風をあて
波立たせるものですが、我が家も夜、気まぐれにつけてます

シンクに水を張って扇風機あててるだけ

水式空気清浄機考案者のTwitterのcmk2wlさんは作ってくださるようですよー

まとめ記事だとこのへんを参考に。

cmk2wlによる水式空気清浄機関連のツイートまとめ。水式とは斬新。というか、水式…私は知らなかった。自作したとしても、難易度はそんなに高くなさそうな気が。
★みんすい★ みんなの水式空気清浄機のまとめ

空気の汚染、放射性物質なども綺麗にできるようです

お大事に

実際、海外に出てみると、花粉の時期は海外にいるんだよねーって人にも会ったりします。

無理なく、我慢しすぎず、美しい春を楽しめたらよいですね^^

お大事に!

お読みいただきありがとうございます。

アロマやハーブについては、実験や考察的な内容も含みます。制作は自己責任で。正式なレシピは、ご自宅で好きな時に学んで質問できる、オンラインテキストの販売を行っています。

 

各種テキスト、講座、相談窓口、アロマクラフト関連商品、本当にお気に入りのものだけ集めたオンラインショップはこちらから。

月に1、2回のお知らせメール。ご登録はこちらから

メールアドレス



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク